[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DNSフォワーダ

pointこの用語のポイント

pointDNSサーバの機能だよ

point自分が分からないときに助けを求めるDNSサーバさんを指定するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DNSフォワーダとは

DNSサーバさんの助っ人を指定しておく機能のこと。
もう少し具体的に書くと

DNSサーバさんは自分が答えを知らないときには他のDNSサーバさんに問い合わせをするんだけど、その問い合わせ先をどこにするか指定する機能のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

DNSは「IPアドレスドメイン名の紐付けをしまっせシステム」ね。

パソコンさんはIPアドレスしか分かりません。
ドメイン名を見せられても「う~ん、どこの住所だろう」と困ってしまいます。

DNSフォワーダ

一方、人間様はIPアドレスがピンときません。
例えば「198.51.100.1」と「198.51.100.10」と「198.51.100.11」の違いなんて、パッと見で分かりませんよね。
うっかりミスも増えそうです。

DNSフォワーダ2

そのため、コンピュータさんはコンピュータさんが分かりやすい形式の住所(IPアドレス)、人間様は人間様が分かりやすい形式の住所(ドメイン名)を扱えるような仕組みがあります。
具体的には、事前にIPアドレスとドメイン名の対応付けを行っておいて、必要に応じて変換するのです。

DNSフォワーダ3

このIPアドレスとドメイン名を変換してくれる仕組みをDNSと言います。
変換のお仕事を生業にしているサーバさんが「DNSサーバ」です。

DNSフォワーダ4

さて、このDNSサーバさんですが、大きく分けて2種類あります。

1つは、自分の管理している情報を教えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんです。
自分の中にIPアドレスとドメイン名の対応表を持っていて、問い合わせに対して「あー、そのIPアドレスはこのドメイン名だね~」「そのIPアドレスはこのドメイン名だよ~」と答えてあげます。対応表に載っていなければ「知らないな~」と答えます。
このDNSサーバさんは「権威DNSサーバ」や「DNSコンテンツサーバ」と呼ばれています。

DNSフォワーダ5

もう1つは、どんな手を使おうともお問い合わせに答えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんです。
問い合わせがあって、自分が答えを知らないと、答えを知っていそうなDNSサーバさんに「ねーねー。こんな問い合わせが来たんだけど、答え教えてよ」と訊きに行きます。言わばカンニング野郎です。
このカンニング野郎なDNSサーバさんは「フルサービスリゾルバ」や「DNSキャッシュサーバ」と言います。

DNSフォワーダ6

ポイントなので、もう一度言います。

フルサービスリゾルバ(DNSキャッシュサーバ)さんは、カンニング野郎です。
自分一人で問題を解決できないときは、他のDNSサーバさんに答えを訊きに行きます。

このときの「誰に答えを訊きに行くか」を指定する機能が「DNSフォワーダ」です。
言わば、自分がお手上げのときの助っ人を誰にするか指定する機能ですね。
問い合わせ内容の転送先を指定する機能と言っても良いでしょう。

例えば「分からないときはぴよぴよDNSサーバに訊きに行け」と設定しておけば、自分が分からないときに助けを求めるDNSサーバさんがぴよぴよサーバになりますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DNSフォワーダ」って単語が出てきたら「DNSサーバさんの、問い合わせの転送先を指定する機能なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク