[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

NetBEUI

pointこの用語のポイント

point通信するときの決まり事だよ

pointNetBIOSが進化したものだよ

point昔のWindowsネットワークで使われていたよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

NetBEUIとは

通信するときのお約束事で、NetBIOSが進化したもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

NetBIOS通信するときの決まり事ね。
細かいことは私も分からないので、専門的に解説しているところで情報を補完してください。

このNetBIOSの進化した姿が「NetBEUI」です。
NetBIOS Extended User Interface(ネットバイオス・イクステンディド・ユーザー・インターフェイス)」の略で「NetBEUI」だそうです。
ちょっと強引に感じるのは私だけですかね。

NetBEUIにおいては、通信相手の特定はコンピュータの名前(NetBIOS名)で行います。
IPアドレスとかは登場しません。

NetBEUI

また、NetBEUIは昔のWindowsネットワークで使われていました。

時代の進歩と共にTCP/IPにとって代わられましたけどね。
今ではNBTNetBIOS over TCP/IP)という形で残っています。

歴史的には、まずNetBIOSが生まれ、その後パワーアップしてNetBEUIになり、TCP/IPネットワーク上で動けるようにNBT(NetBEUI over TCP/IP)に進化した流れです。

NetBEUI2

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「NetBEUI」って単語が出てきたら「通信するときのお約束事で、NetBIOSが進化したものなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク