[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

WSUS

pointこの用語のポイント

pointWindowsのソフトだよ

point更新プログラムを適用するよ

pointたくさんのパソコンをまとめて管理するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

WSUSとは

「たくさんのWindowsパソコンにまとめてセキュリティパッチとかあてちゃるぜ~」なソフトウェア。
言い方を変えると

普通のパソコンさん(サーバさん)にWindows更新プログラム配布のお仕事をさせるためのソフトウェア
です。

image piyo

詳しく書くよ

ネットワークにつながった複数のWindowsパソコンに対して、一括で更新プログラムを適用をするためのソフトが「WSUS」です。
Windows Server Update Services」の頭文字を取って「WSUS」ね。

ピヨ太君の会社、ピヨピヨカンパニーを例にWSUSについて見てみましょう。
ピヨピヨカンパニーではパソコンはWindowsパソコンを使っています。

WSUS

Windowsパソコンさんは、定期的に、Microsoftさんから配布される更新プログラムを適用してあげる必要があります。
例えばWindows Updateをして、いわゆる「最新の状態」って奴を保ってあげなくてはいけません。

WSUS2

ピヨピヨカンパニーは腐っても会社です。
社員数もそれなりですし、パソコンもたくさんあります。

WSUS3

この更新プログラムの適用を、ピヨピヨカンパニーにあるそれぞれのパソコンさんで個別に行うとしたらどうでしょう。
なんか大変そうですよね?

それに回線の問題もあります。

仮にピヨピヨカンパニーにパソコンが100台あるとすれば、ピヨピヨカンパニーが使っている一つの回線を100台分の更新プログラムが通ることになります。
しかも、更新プログラムを適用する時期は、どのパソコンも似たり寄ったりでしょう。

WSUS4

ピヨピヨカンパニーの使っている貧弱な回線では、パンクしてしまいそうです。

そこでピヨ太君は、社内に更新プログラムを適用するためのサーバ「ピヨサーバ」を置くことにしました。

WSUS5

このピヨサーバが凄いんです。
まず、ピヨピヨカンパニーを代表してMicrosoftさんから更新プログラムを貰ってきます。
このとき貰ってくる更新プログラムは一台分です。
他のパソコンさんに配るときは、コピーすれば事足りますからね。

WSUS6

そして、それぞれのパソコンさんに適用する更新プログラムは、ピヨサーバが配るのです。

WSUS7

こうすることによって、Microsoftさんから貰ってくる更新プログラムは一台分で済みます。
さらに、一台一台個別にWindows Updateをする必要が無くなります。
ピヨサーバが一括で、各パソコンに対する更新プログラムの適用を管理してくれるのです。

これは便利ですね。

そのためにMicrosoftさんが用意してくれたソフトがWSUSです。
サーバにWSUSを入れることによって、ピヨサーバに変身します。
各パソコンに対する更新プログラムの適用をまとめて管理できるようになるのです。

ちなみにWSUSを入れたサーバは「WSUSサーバ」と呼んだりしますよ。

WSUSサーバは、言ってしまえば社内ネットワークに置いたWindows Update用サーバです。
こいつが、皆を代表してMicrosoftさんから更新プログラムを貰ってきます。

WSUS8

そして、Microsoftさんに代わって、それぞれのパソコンさんに更新プログラムを配布するのです。

WSUS9

このように、各パソコンの更新プログラムの管理を、サーバでまとめてするためのソフトが「WSUS」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「WSUS」って単語が出てきたら「複数のWindowsパソコンに対する更新プログラムの適用を、一括で管理するためのソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク