[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

batch【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointコマンドの実行をスケジューリングするよ

point負荷が減ったら実行するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

batch【コマンド】とは

指定したコマンドを指定時刻に実行するよう設定するコマンド(ただし、システムの負荷が一定レベル以下になってから実行される)
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

「batch」コマンドの書き方は、

batch [オプション] [時刻]

です。

オプションはちらほらとあります。

オプション説明
-Vバージョン情報を出力する
-q 【キュー】キューを指定するらしい
-m「実行終わったよ~」の連絡をメールでする
-f 【ファイル名】実行するコマンドをファイルから読み込む
-vコマンドが実行される時間を表示する

ですね。

それでは使い方を見ていきましょう。

基本的な使い方は「at」コマンドと同じです。
最低限

batch 【時刻】

さえ覚えておけば困らないかと思います。
例えば

batch 21:00

を実行すると

at>

のように表示されて入力待ちになるので、指定時刻に実行したいコマンドをあれやこれやと入力し、最後に「Ctrl+d」を押せば完了です。
指定時刻以降で、かつシステムの負荷が一定以下になったときに実行されます。
なお、時刻は「21:00」のような「hh:mm」形式か「2100」のような「hhmm」形式で指定可能です。

また

batch

のように時刻を指定しないで実行することも可能です。
時刻を指定しないで実行した場合は、システムの負荷が一定以下になり次第、すぐに実行されます。

オプションについては「-f」オプションだけ覚えておけば事足ります。
「-f」は実行するコマンドをファイルから読み込むオプションです。

batch -f 【ファイル名】 【時刻】

のような形で指定します。
例えば

batch -f hoge.sh 21:00

を実行すると、21:00以降の負荷が一定以下になったときに「hoge.sh」が実行されます。

「batch」コマンドの使い方についてはそのくらいですが、併せて「atrm」コマンドと「atq」コマンドも覚えておいてください。

登録した内容を取り消したい場合は

atrm 【ジョブ番号】

で削除します。
登録されている内容を確認したい場合は

atq

で一覧表示しますよ。

「batch」コマンド関連で覚えておくべきことは、そんなところでしょうかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「batch」ってコマンドが出てきたら「コマンドをスケジューリングするときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク