[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

マッチング (matching)

pointこの用語のポイント

point突き合わせるよ

point良さそうだったらくっつけるよ

point一致すること、もしくは適合することだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

マッチング (matching)とは

何かと何かを突き合わせて、良さそうだったらくっつけること。
もしくは

お互いの条件が噛みあうこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

まず前提として「マッチング」という用語には、二つの使い方があります。
一つは「AとBマッチングする(させる)」のような使い方です。
もう一つは「AとBマッチングする(した)」のような使い方です。
この二つは似て非なるものなのでご注意ください。

順番に見ていきましょう。

まず「AとBをマッチングする(させる)」のような使い方の「マッチング」ですが、これは、何かと何かを比較して「あー、こいつらは一緒になったら良さそうだな~」と思われるもの同士をくっつけることを意味します。

マッチング

ITの分野でよくマッチングの対象になるのは「人」と「データ」ですね。

人のマッチングは、主に、お仕事をお願いしたい人とお仕事をやりたい人の結び付けを指します。

マッチング2

例えば、お仕事を依頼したい人とお仕事を請けたい人の仲介をしてくれるホームページは「マッチングサイトビジネスマッチングサイト)」と言ったりしますよ。

マッチング3

データのマッチングは、左と右を見比べて同じものを抜き出したり、関連性のあるものをまとめたりする作業です。
例えば、住所録(名前、住所)と電話帳(名前、電話番号)を元にして顧客名簿(名前、住所、電話番号)を作ったりですね。
データとデータを突き合わせて、結びつける作業を指します。

マッチング4

これが「AとBをマッチングする(させる)」といった言い方をしたときの「マッチング」の意味です。
「突き合わせて、良さそうなもの同士を結び付ける」と解釈してください。

一方、「AとBがマッチングする(した)」と言った場合は「一致する」の意味になります。

マッチング5

例えば「こちらの求める条件とマッチングした」のような言い回しですね。
厳密に考えると「マッチする」と表現するのが正しい気はしますが「マッチングする」という表現を使う人がいるのも事実です。

これが「AとBがマッチングする(した)」といった言い方をしたときの「マッチング」の意味です。
「何かと何かが一致した」と解釈してください。

何となくニュアンスで分かるとは思いますが、一応、頭の片隅にでも置いておいてくださいね。
「○○マッチング」であれば「照合」、「○○マッチング」であれば「一致」もしくは「適合」を意味します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「マッチング」って単語が出てきたら「突き合わせて良さそうなものを結びつけること、あるいは、何かが一致したり適合したりすることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク