[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

対話形式

pointこの用語のポイント

pointコンピュータさんが質問してくるよ

point人間様は質問に答えるよ

point質問に答えていれば物事が進むよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

対話形式とは

「コンピュータさんからの質問に答えていれば、物事が進んでいくよ」方式のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

コンピュータさんからの質問に答えていくことで、物事(設定とか)が前に進むようになっているのが「対話形式」です。
「対話型」と呼ばれる場合もあります。

例えば、ピヨ太君が新しいパソコンを買ってきたとしましょう。

対話形式

ピヨ太君がパソコンの電源を入れると「今、何時?」と聞かれました。

対話形式2

ピヨ太君は「今は10時だよ~」とお返事します。

対話形式3

そしたら今度は「おまえの名前は何よ?」と聞かれました。

対話形式4

ピヨ太君は「ピヨ太だよ~」と答えます。

対話形式5

そしたら今度は……といった形で、パソコンさんからいろいろなことを聞かれました。
ピヨ太君は地道に答えていきます。

対話形式6

そしたらいつの間にか、パソコンさんを使い始めるときにしなくてはいけない設定が完了していました。
パソコンさんは、ピヨ太君の答えを元に、あれやこれやの設定を済ませてしまったのです。

対話形式7

このように、パソコンさんの質問に答えていけば物事が前に進んでいくようになっているのが対話形式です。
コンピュータにあまり詳しくない人が操作する前提のときに、よく採用されるやり方です。
例えば、パソコンさんの初期設定や、ソフトインストールするときに「次へ」ボタンを押していくようなやり方は、対話形式ですよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「対話形式」って単語が出てきたら「コンピュータさんからの質問に答えていく方式なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク