[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

バックグラウンドプロセス (background process)

pointこの用語のポイント

pointお仕事中のプログラムだよ

point人間様の見えないところでお仕事しているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

バックグラウンドプロセス (background process)とは

コンピュータさんの世界における「裏の世界」でお仕事をしているプログラムのこと。
もう少し真面目に書くと

人間様の見えないところで働いているプロセス(お仕事中のプログラム)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

バックグラウンド」+「プロセス」で「バックグラウンドプロセス」です。

バックグラウンドプロセス

バックグラウンドは「プログラムさんのお仕事場所のうち、人間様の見えないところ」ね。
裏の世界みたいなものだと、お考えください。
ちなみに表の世界は「フォアグラウンド」です。

バックグラウンドプロセス2

プロセスは「メモリを使って、なんかやっているプログラムひとつひとつ」です。
プログラムは、動いていればメモリを使っています。
よく分からなければ「実行中のプログラム」と読み替えてください。

バックグラウンドプロセス3

つまり「人間様の見えないところで、えっちらおっちらと頑張って、お仕事をしているプログラム」がバックグラウンドプロセスです。
奥ゆかしいやつですね。

バックグラウンドプロセス4

なお、人間様の見えるところでお仕事中のプログラムは「フォアグラウンドプロセス」と……呼ぶことも無くは無いです。

バックグラウンドプロセス5

歯切れの悪い言い回しですね。
なんで歯切れが悪いかというと、フォアグラウンドプロセスは普通のプロセスなので、単に「プロセス」と表現されることが多いからです。

基本的には、バックグラウンドプロセスと対比して「これは見えるところでお仕事やってる奴だからな!」と強調したい場合のみ、頭に「フォアグラウンド」を付けて「フォアグラウンドプロセス」と表現されます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「バックグラウンドプロセス」って単語が出てきたら「人間様の見えないところで働いてるプログラムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク