[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

unset【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointシェル変数を削除するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

unset【コマンド】とは

シェル変数を削除するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

UNIX系(LinuxとかMacとか)で使えます。

setコマンド等で設定したシェル変数を削除するときに使うコマンドが「unset」コマンドです。

「unset」コマンドの書き方は、

unset [シェル変数名]

です。

オプションはありません。本当はあるかもしれませんが、使わないので気にしなくていいです。

「unset」コマンドの使い方は単純です。
「unset」に続けて削除したい変数の名前を指定します。
例えば

unset hoge

と指定して実行すると、シェル変数「hoge」が削除されますよ。

試しに、setコマンドでシェル変数を設定→echoコマンドでシェル変数の中身を表示→unsetコマンドでシェル変数を削除→echoコマンドでシェル変数の中身を表示、までの流れを実行すると、以下のような結果になります。

# set hoge=aaa
# echo $hoge
aaa
# unset hoge
# echo $hoge
hoge: Undefined variable.
#


「unset hoge」を実行した後はシェル変数「hoge」が無くなっています。
変数の中身を見ようとしたら

hoge: Undefined variable.

と怒られてしまいました。

このようにシェル変数を削除するコマンドが「unset」コマンドです。

ちなみに環境変数を削除する場合は「unsetenv」コマンドを使ってくださいね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「unset」ってコマンドが出てきたら「シェル変数を削除するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク