[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

L3-VPN

pointこの用語のポイント

pointIP-VPNのことだよ

pointレイヤ3であれこれするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

L3-VPNとは

「IP-VPN」のこと。
つまり

データの通り道として(インターネット以外の)IP網を使う「なんちゃって専用回線サービス」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

IP-VPNは「(インターネット以外の)IP網を経由する、なんちゃって専用回線サービス」ね。
※IP-VPNの詳細は、用語「IP-VPN」の解説をご覧ください。

このIP-VPNの別の呼び方が「L3-VPN」です。
「L3VPN」や「レイヤ3VPN」と表記される場合もあります。

L3-VPNの「L3」はレイヤ3、つまりOSI参照モデルにおけるネットワーク層を表します。

「OSI参照モデル」や「ネットワーク層」が分からない方のために、ざっくり補足しておきますね。
通信をする際には、守らなければいけないお約束事が7種類あります。
この7種類のうちの一つが「L3(レイヤ3)」です。
お約束事の種類は「L1(レイヤ1)」から「L7(レイヤ7)」までありますよ。

それでもよく分からなければ、通信をするためには7つのド○ゴンボールを集める必要があると思ってください。

L3-VPN

ド○ゴンボールを7つ揃えないと通信はできません。
そのド○ゴンボールのうちの一つが「L3(レイヤ3)」です。

我ながら適当な説明ですね。
余計に分からなくなったらごめんなさい。

話を戻します。

L3-VPNの「VPN」は「なんちゃって専用回線サービス」のVPNです。
本当は専用回線ではないのですが、とある仕掛けをして専用回線っぽくしています。

そうです。
「とある仕掛け」をして、専用回線っぽくしているのです。

IP-VPNでは、この「とある仕掛け」をL3(レイヤ3、ネットワーク層)で行っています。
L3(レイヤ3、ネットワーク層)であーだこーだすることによって、専用回線っぽいことを実現しているのです。

つまり、IP-VPNは

OSI参照モデルにおけるL3(レイヤ3、ネットワーク層)に「とある仕掛け」をほどこすことによって実現しているVPNである

と言えるでしょう。

だから、IP-VPNのことを「L3-VPN」と言うのです。

ちなみに、L3-VPNとよく比較されるものに「L2-VPN」があります。
L2-VPNは「広域イーサネット」のことです。
できれば併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「L3-VPN」って単語が出てきたら「IP-VPNのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク