[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

EOF

pointこの用語のポイント

point目印だよ

pointここでファイルが終わるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

EOFとは

「ここでファイルは終わりですよ~」を表す目印
です。

image piyo

詳しく書くよ

「おっと、ここで、このファイルは終わりだからな。こっから先は無関係だぞ」を意味する目印が「EOF(イーオーエフ)」です。
End Of File(エンド・オブ・ファイル)」の略で「EOF」ね。

EOF

例えば、プログラムでファイルの中身を1行ずつ読み込むとしましょう。
ファイルの中身を全部読み込んだら、次のファイルに移ります。

まずは、最初のファイルの1行目を読み込みました。

次に2行目を読み込みました。

次に3行目を読み込みました。

……どこまで読み込んだら、次のファイルに移りましょうね?

その判断基準となるのがEOFです。
EOFが出てきたら「あ~、このファイルはもう終わりか~」と判断して、次のファイルに移ります。

このように、プログラムさんがファイルに対して何かやるときは、EOFによってファイルの終わりを判断するのです。

実際には、EOFを使わないでファイルの終わりを判断する方法もありますけどね。
一先ず、気にしないでください。

ちなみに、EOFの逆バージョン「ここがファイルの先頭ですよ~」を表す目印は「BOF」と言います。
Beginning Of File(ビギニング・オブ・ファイル)」の略で「BOF」ね。
EOFは結構目にする機会がありますが、BOFを意識する機会はほっとんどありません。
BOFは、覚えなくても多分困らないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「EOF」って単語が出てきたら「ファイルの終わりを表す目印なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク