[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

IP-VPN

pointこの用語のポイント

pointVPNだよ

point閉域IP網を使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

IP-VPNとは

(インターネット以外の)IP網を経由するVPNのこと。
もう少し噛み砕くと

データの通り道として(インターネット以外の)IP網を使う「なんちゃって専用回線サービス」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

VPNは「なんちゃって専用回線サービス」ね。
実際には専用回線ではないのですが、あれやこれやと工夫して、専用回線っぽいことを実現する仕組みです。

IP-VPN

なんちゃって専用回線サービスは「回線」と言うくらいなので線、より正確に書くと「データの通り道」を提供するサービスです。

また、IP網は「IPというインターネット通信用のお約束事に従ってやり取りしているネットワーク」です。
厳密にはインターネットもIP網に含まれますが、このページで登場するIP網はインターネット以外、いわゆる「閉域IP網」と呼ばれるものを指します。

それを踏まえて、データの通り道として(インターネット以外の)IP網を使っているのが「IP-VPN(アイピー・ヴイピーエヌ)」です。
プロバイダさんが所有する閉域IP網内に「ここは俺様用の通り道だから。他の奴は入ってこないでね」なデータの通り道を作って、そこを通してやり取りします。

IP-VPN2

IP-VPNのメリット・デメリットは、良くも悪くも、閉域IP網を使っていることでしょう。

閉域IP網、つまり許可のある人しか入ってこれないネットワークに通り道を作るので、安心、安全、確実です。
例えばインターネットを使う場合に比べて、変な人がイタズラをしてくる可能性は低くなります。
これがIP-VPNのメリットです。

一方のデメリットはコストです。
ある意味、選ばれた人のための場所に入るわけですからね。
それなりにお金は掛かりますし、手続きとか準備もちょっとだけ手間が掛かります。

これがIP-VPNのメリット・デメリットです。

ちなみに、IP-VPNとよく比較されるVPNのやり方に「インターネットVPN」があります。
インターネットVPNは「インターネットを経由するVPN」です。

インターネット以外のIP網が管理者に許可された人しか入ってこれない私有地だとしたら、インターネットは誰でも入ってこれる公園です。
品質や信頼性だったらIP-VPNに、お手軽さだったらインターネットVPNに軍配が上がります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「IP-VPN」って単語が出てきたら「(インターネット以外の)IP網を経由する、なんちゃって専用回線サービスなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク