[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

インターネットVPN

pointこの用語のポイント

pointVPNだよ

pointインターネットを使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

インターネットVPNとは

インターネットを経由するVPNのこと。
もう少し噛み砕くと

データの通り道としてインターネットを使う「なんちゃって専用回線サービス」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

VPNは「なんちゃって専用回線サービス」ね。
実際には専用回線ではないのですが、あれやこれやと工夫して、専用回線っぽいことを実現する仕組みです。

インターネットVPN

なんちゃって専用回線サービスは「回線」と言うくらいなので線、より正確に書くと「データの通り道」を提供するサービスです。

それを踏まえて、データの通り道としてインターネットを使っているのが「インターネットVPN」です。
インターネットの世界に「ここは俺様用の通り道だから。他の奴は入ってこないでね」なデータの通り道を作って、そこを通してやり取りします。

インターネットVPNのやり方には、例えば「IPsec VPN」や「SSL-VPN」があります。
IPsec VPNは「IPsecの仕組みを使ったVPN」で、SSL-VPNは「SSLの仕組みを使ったVPN」です。
余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

ふ~ん、なるほどね~。
それで結局、インターネットVPNって良いの?悪いの?

インターネットVPNのメリット・デメリットは、良くも悪くも、インターネットを使っていることでしょう。

インターネットを使っているので、比較的、お手軽です。
普通にインターネットを使える環境があれば、あとは専用の通り道を作ってやるだけですからね。
その他のやり方に比べて、安く、早く、簡単に用意することができます。
これがインターネットVPNのメリットです。

一方のデメリットは、品質です。
インターネットの世界には、いろんな人がいろんな目的でいますからね。
もしかしたら、悪い奴等に何かイタズラをされてしまうかもしれません。
あるいは、線がプチプチ切れてしまう可能性もあります。

これがインターネットVPNのメリット・デメリットです。
良くも悪くもインターネットなのです。

ちなみに、インターネットVPNとよく比較されるVPNのやり方に「IP-VPN」があります。
IP-VPNは「(インターネット以外の)IP網を経由するVPN」です。

インターネットが誰でも入ってこれる公園だとしたら、インターネット以外のIP網は管理者に許可された人しか入ってこれない私有地です。
お手軽さだったらインターネットVPNに、品質や信頼性だったらIP-VPNに軍配が上がります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「インターネットVPN」って単語が出てきたら「インターネットを経由する、なんちゃって専用回線サービスなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク