[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

runlevel【コマンド】

pointこの用語のポイント

pointUNIX系で使えるコマンドだよ

pointランレベルを表示するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

runlevel【コマンド】とは

ランレベルを表示するときに使うコマンド
です。

image piyo

詳しく書くよ

ランレベルは「Linuxの動作モード」ね。
それを踏まえて、現在のランレベルを表示するコマンドが「runlevel」コマンドです。

「runlevel」コマンドは、UNIX系(Linuxとか)で使えます。

書き方は

runlevel [オプション]

です。
オプションは少しだけあります。


オプション説明
-qエラー情報だけ表示する
reduce output to errors only
--quietエラー情報だけ表示する
reduce output to errors only
-v詳細情報も表示する
increase output to include informational messages
--verbose詳細情報も表示する
increase output to include informational messages
--helpヘルプを表示する
increase output to include informational messages
--versionバージョン情報を表示する
output version information and exit

です。
環境によってオプションがあったりなかったりするっぽいので、できれば

man runlevel



runlevel --help

で確認してください。
上記の内容は、私の環境で確認した限りのオプションです。

まぁ、オプションを気にする機会はほとんどありませんけどね。
何もつけないで、単に

runlevel

と打てば事足ります。

このコマンドを実行すると、例えば以下のような結果が表示されますよ。

N 3

右側の「3」が現在のランレベルです。
左側の「N」は、ひとつ前のランレベルを表しています。
「N」はひとつ前のランレベルが無い場合に表示される奴です。
「NO」とか「NOT」とか「Null」とか、そんな意味じゃないですかね。

現在のランレベルが「3」で、ひとつ前が「1」の場合は

1 3

のように表示されます。

覚えておく必要があるのはそれくらいです。
簡単ですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「runlevel」ってコマンドが出てきたら「現在のランレベルを表示するときに使うんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク