[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

カラーピッカー (color picker)

pointこの用語のポイント

pointソフトの補助機能だよ

point直感的に色を選べるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

カラーピッカー (color picker)とは

色がグラデーションになっている画面が表示されて、そこから気に入った色をポチっとすることで直感的に色を選択できる機能のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ポチっと押すと色の一覧が表示されて、そこから更に色をポチっと選ぶとその色がどっかに反映される、そんな色を選択するための機能が「カラーピッカー」です。

Windowsをお使いの方は、試しに「ペイントソフトを動かしてみてください。
メニューの中に「色の編集」とかそんな感じの奴があるはずです。

それをポチっと押すと、色がグラデーションになっている画面が表示されます。

カラーピッカー

表示された画面上で更に色をポチっと選ぶと、線の色か何かがその選択した色になります。

このように、色を直感的に選択するための補助的な機能がカラーピッカーです。
色を選択するための見た目は、それぞれの色の四角が集まっていたり、滑らかなグラデーションになっていたりと、ソフトによって違います。
色を選択するための機能であれば、すべてカラーピッカーと呼んで構わないでしょう。
細かい部分の違いはあまり気にしなくて良いです。

ちなみに、カラーピッカーは「カラーパレット」と呼ばれる場合もあります。
カラーピッカーとカラーパレットは同じものだと考えて構いません。
色選択機能に対して、色を拾うための機能(ピッカー)と捉えるか、パレット(絵具を混ぜるための板)みたいなものと捉えるかの違いです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「カラーピッカー」って単語が出てきたら「色を選択する機能なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク