[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アダプタ (adapter)

pointこの用語のポイント

point仲介役だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アダプタ (adapter)とは

何かと何かの間に入って、仲介役として頑張ってくれている奴のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

例えばパソコンさんとLANケーブル

アダプタ

例えばパソコンさんとコンセント、

アダプタ2

例えば草食系男子とツンデレ肉食系美女、

アダプタ3

これらの例で挙げたような性質の違う両者の間に入って、仲を取り持ってくれる仲介役が「アダプタ」です。

アダプタ4

「適応させる(アダプト:adapt)」+「~する人(er)」で「アダプタ(adapter)」ですね。
「人じゃないじゃん!」とツッコミたくなるかもしれませんが、ゆるく捉えてください。

パソコンさんとLANケーブルの間に入って両者を仲介する機器は「LANアダプタ」と呼ばれています。
具体的には、LANケーブルを挿す穴が開いている部品です。
パソコンさんと合体させた上で、LANケーブルをプスっと挿して使います。

パソコンさんとコンセントの間に入って、仲介役として頑張っている機器は「ACアダプタ」です。
コンセントからやってきた電気は、そのままでは強過ぎます。
その強過ぎる電気を、パソコンさんが壊れない程度の強さで、かつパソコンさんの使い勝手が良いように変換してくれています。

他にも無線LANアダプタターミナルアダプタVoIPアダプタのように「○○アダプタ」と呼ばれているものは、たくさんありますよ。

知らない「○○アダプタ」が出てきたら、まずは「何かと何かの橋渡し役」であることを意識してください。
その後、何と何を橋渡しするのか?を理解すれば「○○アダプタ」の意味を把握できると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アダプタ」って単語が出てきたら「仲介役なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク