[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

LANアダプタ

pointこの用語のポイント

pointパソコンの部品だよ

pointLANケーブルを挿す穴がくっついてるよ

pointインターネットをするとき必要だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

LANアダプタとは

「ネットワークカード」のこと。
つまり

LANケーブル(インターネットをするときにパソコンにつなぐ線)を挿す穴がくっついている、パソコンに合体させる部品のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「LANケーブル」と「ネットワークカード」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

LANケーブルは「インターネットをするときにパソコンにつなぐ線」です。
通信でやり取りするデータの通り道です。

LANアダプタ

ネットワークカードは「線をつないでインターネットをするときに必要な部品」です。

あなたが使っているパソコンさんには、LANケーブルを挿す穴が開いていますよね?

LANアダプタ2

パソコンさんの蓋をパカっと開けて中を見ると分かるのですが、その穴はとある部品にくっついています。
言い方を変えると、LANケーブルを挿す穴がくっついた部品が、パソコンさんの中にはあるわけです。
その部品をネットワークカードと呼びます。

以上を踏まえて、ネットワークカードの別の呼び名が「LANアダプタ(ランアダプタ)」です。
パソコンとネットワークLAN)のアダプタ(仲介役)だから「LANアダプタ」ね。

LANアダプタは、基本的にネットワークカードと同じものを指します。
違いは呼び方だけです。

……と言いたいところなのですが、悩ましいのが、USB接続タイプのLANアダプタです。

世の中には、パソコンの蓋を開けないでUSB接続するタイプのLANアダプタがあります。
片方がUSB接続の端子、逆側がLANケーブルを挿せる穴になっている商品です。

LANアダプタ3

この商品を「LANアダプタ」と呼ぶのは違和感がないのですが「ネットワークカード」と表現するのは、ちょっとだけ微妙です。
私を含め「う~ん、機能的には同じだけど、カードじゃないんだよな~」と感じる人も少なくないと思います。

そのため

LANアダプタ:LANケーブルを挿す穴が開いている部品全般
ネットワークカード:LANアダプタの中でも、見た目がカードやボード(板)っぽいもの


のような使い分けをする人もいます。

もちろん使い分けない人もいるので、あまり気にする必要はありませんけどね。
気が向いたら意識してあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「LANアダプタ」って単語が出てきたら「有線でインターネットをするときに必要な部品なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク