[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

記憶装置

pointこの用語のポイント

pointデータを記録しておくものだよ

pointメモリとかハードディスクとかCD-Rとかフロッピーディスクとかのことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

記憶装置とは

メモリとかハードディスクとかCD-Rとかフロッピーディスクとかのこと。
つまり

データを記録しておくもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

一時的にかずっとかは分かりませんが、データを記録しておくものが「記憶装置」です。
メモリとかハードディスクとかCD-Rとかフロッピーディスクとかのことですね。

メモリは「主記憶装置」という奴に分類されます。
それ以外の媒体、ハードディスクとかは「補助記憶装置」です。

コンピュータさんがお仕事をするときには、補助記憶装置に保管してあるデータを引っ張り出して、まず主記憶装置に渡します。
そして主記憶装置さんとCPUさんの間でそのデータをあれこれとやり取りするってな流れになります。

記憶装置

主記憶装置は「一次記憶装置」や「内部記憶装置」と呼ばれることもあります。
補助記憶装置の方は「二次記憶装置」や「外部記憶装置」です。
余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「記憶装置」って単語が出てきたら「データを記録しておく媒体なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク