[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

トラック (track)

pointこの用語のポイント

point円盤状の記憶装置の記録単位だよ

point記憶装置を同心円状に区切った際の、一つ一つの輪っかのことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

トラック (track)とは

円盤状の記憶装置の記録単位で、記憶装置を同心円状に区切った際の、一つ一つの輪っかのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ハードディスクのように円盤状の記憶装置は、一つの円盤を丸ごと一つと見なしてデータを記録しているわけではありません。
細かく区切って、そのエリア毎に記録します。
言ってみれば、自由帳ではなく方眼用紙のイメージです。

トラック

さて、記憶装置の区切り方ですが、まず、一つの円盤を、同心円状に分割します。

トラック2

この区切った輪っか一つ一つが「トラック」です。

トラック3

ちなみに、トラックは更に等分に区切られます。
トラックが横線を引いた状態だとしたら、さらに縦線を引いてマス目を作るイメージです。

トラック4

このようにして区切られたマス目は「セクタ」と呼ばれます。
セクタは記憶装置における記録するときの最小単位です。

トラック5

ついでに書くと、このセクタがいくつか合わさったものは「クラスタ」と呼ばれます。

トラック6

セクタは記憶装置さんにとっての最小単位、クラスタはパソコンさんにとっての最小単位です。

まとめると

トラック:輪っか
セクタ:トラックを分割したマス目
クラスタ:セクタがいくつか集まったもの


となります。
併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「トラック」って単語が出てきたら「記憶装置の記録単位で、輪っかなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク