[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

操作マスタ (FSMO)

pointこの用語のポイント

pointActive Directoryの話で出てくるよ

pointドメインコントローラさんのお仕事だよ

pointどれか一台がやればいいお仕事だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

操作マスタ (FSMO)とは

ドメインコントローラのお仕事のうち「あー、そのお仕事は誰か一人がやれば良いから」なお仕事のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

まず前提として、このページの説明は「Active Directory」「ドメインコントローラ」を理解している人向けです。
「Active Directoryって何?」「ドメインコントローラって美味しいの?」な人は、まずはそちらをお勉強してきてください。

……準備はよろしいでしょうか?

それでは操作マスタ(FSMO)の説明をしていきますね。

Active Directoryという仕組みにおいては、ドメインコントローラという名前の元締めコンピュータが登場します。

操作マスタ(FSMO)

普通のコンピュータは、この元締めコンピュータの縄張りに入って、元締めコンピュータの庇護のもと、わいわいがやがやと活動します。

操作マスタ(FSMO)2

これが基本なのですが、実は元締めコンピュータ同士は業務提携をすることができます。

例えば、元締めコンピュータAと元締めコンピュータBが提携したとしましょう。

操作マスタ(FSMO)3

業務提携すると、2つの縄張りが何となく合体します。
縄張りAのコンピュータは縄張りBも自分の縄張りのように安心して歩けますし、縄張りBのコンピュータは縄張りAも自分の縄張りのように安心して歩けるようになります。
結果として、一つの大きな縄張りのように扱うことができるのです。

操作マスタ(FSMO)4

そうすると、パッと見た感じ、一つの縄張りに元締めコンピュータが二ついるように見えますよね?
業務提携後の縄張りABの中に、元締めコンピュータAと元締めコンピュータBがいる状態です。

操作マスタ(FSMO)5

「一つの縄張りに元締めコンピュータが複数」というのを覚えておいてください。

あるいは、単純に一つの縄張りの中に、複数の元締めコンピュータを置くこともできます。
一台がぶっ壊れても他の奴がカバーできるようにです。

操作マスタ(FSMO)6

こちらもやっぱり「一つの縄張りに元締めコンピュータが複数」です。

このように、Active Directoryでは、一つの縄張りの中に複数の元締めコンピュータを置くことができます。

一つの縄張りの中にある複数の元締めコンピュータは基本的に対等です。上下関係はありません。
ただし、元締めコンピュータさんのやるべきお仕事の中には「誰か一人がやれば良いから」なお仕事があります。
元締めコンピュータが二人いたとしても、どちらか片方がやれば良いお仕事です。

その「誰か一人がやれば良いから」なお仕事を「操作マスタ(FSMO)」と言います。

操作マスタ(FSMO)に分類されるお仕事は、以下の5つです。

・スキーママスタ
・ドメイン名前付けマスタ
・RIDマスタ
・PDCエミュレータマスタ
・インフラストラクチャマスタ


それぞれの機能の説明は、気が向いたらいつか書きます。
気が向かなかったら書きません。

「スキーママスタ」「ドメイン名前付けマスタ」は業務提携後の縄張りに対して、誰か一人がやればOKなお仕事です。
業務提携後の縄張りABの中に、元締めコンピュータAと元締めコンピュータBがいる状態であれば、元締めコンピュータAと元締めコンピュータBのどちらかがやります。

操作マスタ(FSMO)7

「RIDマスタ」「PDCエミュレータマスタ」「インフラストラクチャマスタ」は元々の縄張りに対して、誰か一人がやればOKなお仕事です。
業務提携後の縄張りABの中に、元締めコンピュータAと元締めコンピュータBがいる状態であれば、元締めコンピュータAと元締めコンピュータBのそれぞれがやります。
縄張りAの元締めは元締めコンピュータA一人ですし、縄張りBの元締めは元締めコンピュータB一人ですからね。

操作マスタ(FSMO)8

これが仮に、縄張りAの元締めが元締めコンピュータAと元締めコンピュータA'の二人いたとしたら、元締めコンピュータAか元締めコンピュータA'のどちらか一方がやることになります。

操作マスタ(FSMO)9

このように「元締めコンピュータがいっぱいいるの?でもこのお仕事は一人がやってくれれば良いんだよね~」なお仕事が「操作マスタ(FSMO)」です。

操作マスタ(FSMO)の説明としてはそんなところですが、ここまでの説明がよく分からない人は、合コンを想像してください。

一般的……かどうかは知りませんが、一般的な合コンでは、男の子側の幹事と女の子側の幹事がいて、男の子側のメンバーは男の子側の幹事が、女の子側のメンバーは女の子側の幹事が取りまとめます。
このとき、男の子側の幹事と女の子側の幹事には上下関係がありません。
いや、もしかしたらあるのかもしれませんが、無いことにしてください。

さて、皆が集まってお店に入り、わいわいがやがやと飲んでいたら、店員さんから「幹事の方、ちょっと良いですか~?」と声を掛けられました。

このとき、男の子側の幹事と女の子側の幹事は、二人揃って店員さんのところに行くでしょうか?
きっと、どちらか片方ですよね?

店員さんが用があるのは、その合コン(というかお客さまグループ)の責任者、取りまとめ役です。
用件は「飲み放題のお時間を延長しますか~?」かもしれませんし「もうちょっと静かにしてくださいよ」かもしれません。
ですが、いずれにしろ一人が対応すれば十分です。

幹事側もそれが分かっているので、どちらか片方、一般的にはカッコ良いところを見せたい男の子側の幹事が「はい、なんでしょう?」と店員さんのところに向かいます。

このような「片方の幹事が対応すれば良い仕事」が「操作マスタ(FSMO)」です。
幹事は元締めコンピュータ(ドメインコントローラ)、合コンの集まりは縄張り(ドメイン、フォレスト)ね。

ちなみに、突然出てきた用語「フォレスト」は「業務提携後の縄張り」のことです。
余裕があれば、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「操作マスタ(FSMO)」って単語が出てきたら「『誰か一人がやれば良いから』なドメインコントローラのお仕事なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク