[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DSP版

pointこの用語のポイント

pointパソコンのパーツにくっついてる版だよ

point自作パソコン用のOEM版だよ

point主にWindows関連で出てくるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DSP版とは

「自作パソコン用OEM版」のこと。
つまり

「パソコンのパーツにくっついてる版」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

OEM版は「買ったパソコンに最初から入っている版」ね。
新しくパソコンを買うと、最初から色々なソフトが入っていますよね?
あれが「OEM版」です。

それを踏まえて、OEM版の自作パソコン版が「DSP版」です。
DSP版は、パソコンのパーツとセットで買うことができます。

DSP版について考える際には、パソコンのパーツを「組み立て前のパソコン」と考えると分かりやすいと思います。

パソコンとして完成していれば、ソフトを最初から中に入れておくことができます。
これを実践したのがOEM版です。

組み立て前のパソコンの場合は、ソフトを中に入れることができません。
仕方ないので、中には入れないで、セットでくっつけておきます。
これがDSP版です。

DSP版

DSP版はOEM版の仲間です。
本当は中に突っ込んでやりたいけど、突っ込めないからセットで売っているのです。

そのため、一般的には「DSP版はパーツと一緒に購入し、そのパーツを組み込んだパソコンにしか入れちゃダメ」という縛りがあります。
あくまでパーツとセットです。

実際に守られているかは知りませんけどね。
一応、そのようなルールになっています。

またOEM版とDSP版では、どこが保障するか等の細かい違いがある場合もあります。
具体的な内容は実際に買うときに確認してください。

まずは「DSP版はパーツと一緒に買える自作パソコン用のOEM版」と覚えてください。
それで困ることは無いと思います。

ちなみに、ソフト単体で売っている物は「パッケージ版」等と呼ばれています。
並べると

・パッケージ版:ソフト単体版
・OEM版:パソコンに最初から入っている版
・DSP版:組み立て前のパソコンにくっついてる版


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DSP版」って単語が出てきたら「組み立て前のパソコンにくっついてる版なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク