[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ODM

pointこの用語のポイント

point製品の設計・製造工程を外注することだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ODMとは

製品の設計・製造工程を外注すること
です。

image piyo

詳しく書くよ

一つの製品が出来あがって世の中に出るためには、考えて、作って、売る、という手順が必要です。

この3つの手順のうち、1つ目の「考えて」の一部と、2つ目の「作って」を他の人(会社)にやってもらうのが「ODM(オーディーエム)」です。

例えば、ピヨ太君がピヨピヨTシャツを作りたいとしましょう。
胸の部分にはでっかいピヨ太君の顔写真を入れたいです。

ODM

あとは……どうしましょうね?
ピヨ太君はTシャツについてはド素人です。よく分かりません。

困ったピヨ太君は、副業で縫製工場を経営しているピヨ子さんに相談します。
ピヨ子さんの縫製工場でピヨピヨTシャツを作ってもらおうと考えたのです。
Tシャツのことはよく分からないので自分の希望だけ伝えて、後のことはピヨ子さんが良い感じにしてよ~とお願いしてみました。

ODM2

ピヨ子さんは、できあがったピヨピヨTシャツをピヨ太君が全部買い取ることを条件に、OKしました。

ODM3

これでピヨ太君とピヨ子さんの間でビジネスライクな関係が成立しました。
流れとしては

ピヨ太君が希望を伝える
  ↓
ピヨ子さんがピヨピヨTシャツを設計する
  ↓
ピヨ子さんがピヨピヨTシャツを製造する
  ↓
ピヨ太君がピヨ子さんからピヨピヨTシャツを買い取る
  ↓
ピヨ太君が自分の商品としてピヨピヨTシャツを売る


となります。

この流れ、出来あがった製品、あるいは製造側の業者をふんわりと指した言葉が「ODM」です。

OEMの説明とほとんど同じでごめんなさいね。
別に手抜きというわけではなくて、OEMに設計工程もくっつけたのがODMなのです。

OEM:製造工程の外注
ODM:設計・製造工程の外注


になります。
OEMについては用語「OEM」の解説をご覧ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ODM」って単語が出てきたら「製品の設計・製造工程を外注してるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク