[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ADSL

pointこの用語のポイント

point通信するための技術だよ

point(アナログ)電話回線の一部を間借りするよ

point上りと下りで速度が違うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ADSLとは

(アナログ)電話回線の空いているところを間借りして通信しちゃうぜな技術
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

ここに1本の電話線があります。

ADSL

この電話線はアナログ回線です。
中を通れるのはアナログ時計さんだけです。
デジタル時計さんは通れません。

ADSL2

普通に電話をするときには、この電話線の中を電話の声、つまり音声データが通ります。

ADSL3

でも実は、電話さんは奥ゆかしいやつなのです。
電話線の道幅一杯を我が物顔で歩いたりはしません。
どれくらいの幅かは分かりませんが「ここからここまでは俺たち電話が使うね」と決めていて、そこからズレたりしないのです。

ADSL4

そうすると、電話線の中には、まだ余裕がありますよね。
空いているところを他の人が通れそうです。

ADSL5

その空きスペースに目を付けたのでしょう。
「空いてるなら、ここを使って、やり取りさせてもらうよ!」と言い出すやつがいました。
そいつがADSLです。

ADSLは、電話線の中の電話さんが使っていないところを間借りして、通信を行います。

ADSL6

基本的には、これだけです。
簡単ですね。

以下は補足です。

ADSLでは、こっちからデータを送るときの速さと向こうからデータを貰うときの速さが異なります。
これを専門用語で「上り下り通信速度が異なる」と言います。

ADSL7

また、ADSLさんが間借りしている場所は、疲れやすい過酷な環境です。
相手との距離が長いとへろへろになって到着するのが遅くなってしまいます。
そのため、回線の質や距離によって通信速度や通信の品質が変わります。

ADSL8

あとはそうですね。
ADSLは「Asymmetric Digital Subscriber Line(アシメントリック・デジタル・サブスクライバ・ライン)」の略で、日本語にすると「非対称デジタル加入者線」です。
「あれ?アナログ回線なのにデジタルなの?」と疑問を覚える人もいると思うので、補足しておきますね。

実は、ADSLでやり取りするデータ自体は、デジタルデータなのです。
0!1!のようにカクカクしたデータです。
ただし、それを、うにょ~んとしたアナログ電話回線に乗せて、やり取りしています。

デジタル時計を渡したいんだけど「おいおい、ここはアナログ時計しか通っちゃダメなんだぜ」と言われたので、デジタル時計と同じ時間をアナログ時計に設定して、アナログ時計を渡すイメージです。

ADSL9

ADSLの説明としてよく取り上げられる内容は、そんなところでしょうか。

ついでなんで、ダイヤルアップ接続ISDN、ADSL、光回線の違いを簡単に比較しておきますね。
本当に簡単になので、できれば他のところで情報を補完してください。

まずダイヤルアップ接続は、電話を掛けるイメージです。
電話線の中の、電話さんと同じところを使って、やり取りします。

ADSL10

次にISDNは、デジタル回線です。
電話線を使ってデジタル時計を受け渡しするイメージです。

ADSL11

余談ですが、ISDNでは一つの電話番号に対して、二つの回線を持つことができます。
例えば、同じ番号を使いつつ、電話をしながらFAXを受け取ったりもできるのです。

ADSL12

ADSLは、アナログ回線の、電話さんが使わないところを使ってやり取りします。
デジタル時計を渡したいのですが、アナログ時計しか渡せないので、デジタル時計と同じ時間を設定したアナログ時計を用意します。
そのアナログ時計を、電話線の中の、電話さんが使わないところを使って受け渡しするイメージです。

ADSL13

最後に光回線は、電話線ではなく光ファイバーな線を使ってやり取りします。
やり取りするのはデジタル時計です。

ADSL14

そんなところでしょうか。
ちなみに、このページは付け焼刃で勉強した知識が元になっているので、もしかしたら間違っているかもしれません。
「おいおい!全然違うじゃねーか!」な間違いがありましたら、お問い合わせページからこっそり教えてもらえると嬉しいです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ADSL」って単語が出てきたら「(アナログ)電話回線の一部を間借りしてる回線なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク