[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ユニバーサルプラグアンドプレイ (UPnP)

pointこの用語のポイント

pointプラグアンドプレイ(PnP)のネットワーク版だよ

point挿せばネットワークにつながるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ユニバーサルプラグアンドプレイ (UPnP)とは

「挿せばネットワークにつながるよ~」のこと。
もうちょっと具体的に書くと

ネットワークにつながってる機器同士で勝手に情報交換して良い感じにするから、人間様は特に面倒くさい設定とかしなくても良いよ~。ただ線をつなぐだけでネットワーク上にある機器を利用できるようになるよ~。を実現させるためにMicrosoftさんが考えた技術
です。

image piyo

詳しく書くよ

一つのネットワークには、様々なパソコンプリンタ、あるいはゲーム機や家電製品をつなげることができます。
そして、ネットワーク上の機器は、必要に応じて、ワイワイガヤガヤとコミュニケーションを取っています。

ユニバーサルプラグアンドプレイ(UPnP)

このネットワークに新しいパソコンさんを仲間入りさせることにしました。

ユニバーサルプラグアンドプレイ(UPnP)2

新しいパソコンさんがネットワーク上にある機器とワイワイガヤガヤやり取りするためには、いろいろな設定が必要です。

ユニバーサルプラグアンドプレイ(UPnP)3

ぶっちゃけ、それを人間様の手でやるのは面倒くさいですよね?
どうせなら、機器同士で勝手にやり取りして、人間様の手をわずらわせることなく、使えるようにしてもらいたいものです。

それを実現するためにMicrosoftさんが考えた技術が「ユニバーサルプラグアンドプレイ」です。
一般的には「Universal Plug and Play(ユニバーサル・プラグ・アンド・プレイ)」を省略して「UPnP」と表記されます。

UPnP機能を有効にしている機器同士は、勝手に情報交換して、勝手に設定してくれます。

ユニバーサルプラグアンドプレイ(UPnP)4

つまり人間様は、ただ線をプスっと挿せば良いのです。
後のことは機器同士で良しなに取り計らってくれます。

このように、人間様のお手をわずらわせることなくネットワーク上の機器を使えるようにする、つまりネットワークに参加できるようにするための技術がUPnPです。

わぁ、便利ですね。

とはいえ、脆弱性(放っておくとヤバいところ)も見つかったりで、諸手を挙げて称賛するわけにもいかなそうですが。

ちなみに、似たような用語で「プラグアンドプレイ(PnP)」というのがあります。
プラグアンドプレイ(PnP)は「挿せば使えるよ~」のことで、プリンタとかをパソコンさんに線でつなげば、特に人間様の手で設定をしなくても使えるようにするための技術です。

ユニバーサルプラグアンドプレイ(UPnP)5

名前が似ていますが、ぶっちゃけ直接の関係はありません。
ただ「PnPのネットワーク版がUPnP」と表現するとイメージしやすいので、よく引き合いには出されます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ユニバーサルプラグアンドプレイ(UPnP)」って単語が出てきたら「挿せばネットワークにつながるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク