[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

HaaS

pointこの用語のポイント

pointIaaSの昔の呼び名だよ

pointレンタルサーバサービスの発展形だよ

pointインフラをインターネット越しに使わせてくれるサービスだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

HaaSとは

「IaaS」のこと。
つまり

サーバや回線などのいわゆる「インフラ」に分類される部分を、インターネット越しに使えるようにしてくれるサービス
です。

image piyo

詳しく書くよ

IaaSは「サーバ回線などのインフラに分類される部分を、インターネット越しに使わせてあげるよサービス」ね。
レンタルサーバーの進化した姿です。

HaaS

インフラは「基盤となる設備や要素」とお考えください。
ネットワーク周りの設備やサーバ等の「これが無いと、話にならん。どんなシステムを作るとかそれ以前の話だ」な要素です。

HaaS2

それを踏まえて、IaaSの昔の呼び名が「HaaS」です。
Hardware as a Service(ハードウェア・アズ・ア・サービス)」の略で「HaaS」ね。

最初にIaaSっぽい考え方が生まれたときの呼び名は「HaaS」でした。
それが、もうちょっと幅広い範囲をカバーするようになったことで「『ハードウェア』よりは『インフラ』って呼んだ方が適切だよね?」と考えられるようになり「IaaS」に成り変わったイメージです。

そのため、今はほとんど使われていないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「HaaS」って単語が出てきたら「IaaSの昔の言い方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク