[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Linuxディストリビューション

pointこの用語のポイント

pointOSとしてのLinuxだよ

pointもしくは、Linuxの配布形態だよ

point「Linux」はOSの名前でもあるし、カーネルの名前でもあるんだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Linuxディストリビューションとは

OSとしてのLinuxのこと。
もう少し正確に書くと

「カーネル」と呼ばれる中核部分だけでなく、その他必要な諸々も含めた、Linuxの配布形態のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ちょっとややこしいので、順番に見ていきましょう。
まずは「OS」と「カーネル」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

OSは「パソコンさんの人格に相当するソフト」です。
「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
パソコンさんは、中にOSを入れることによって、パソコンとして動くことができます。

Linuxディストリビューション

皆さんの身近な例で言えば「Windows」や「Mac」、「Linux」などでしょうか。
パソコンさんの中にWindowsを入れれば「はーい、ボクWindowsだよー」な人格になりますし、Linuxを入れれば「ヘーイ、ミーはLinuxさー」な人格になります。

Linuxディストリビューション2

カーネルは「OSの中核部分として頑張っているソフトウェア」です。
OSを一つの組織と見なした場合、カーネルさんは中心人物です。
こいつがいなければ始まりません。

Linuxディストリビューション3

ただし、カーネルさんだけでは組織の運営が成り立ちません。
シェルデーモンといった、その他のソフトウェアを手足のように使うことによって、はじめて組織が回ります。

「カーネルさんは大事なやつだけど、カーネルさんだけではOSは成り立たない」と理解してください。
カーネルさんとあれやこれやのソフトウェアが組み合わさって、一つのOSが出来あがっているのです。

Linuxディストリビューション4

以上を踏まえて、読み進めてください。

ところで「Linux」とは何でしょうか?

そうですね。
OSです。
私も用語「Linux」の説明には「OS」と書きました。

ただし、ですね。

より厳密に言うと、Linuxはカーネルなのです。
よく「狭義のLinux」と言われます。
どこかの誰かが開発したOS用のカーネル、その名前が「Linux」です。

Linuxディストリビューション5

狭義のLinuxはカーネルなので、それ単体ではOSとして動作しません。
OSとして動作するためには、あれやこれやのソフトウェアが必要です。

ということはですよ。

「よーし!パパ、新しいパソコンにLinux入れちゃうぞ~!」と宣言した時に、カーネルであるLinuxだけをポンと渡されても困ってしまいます。
他に必要なソフトウェアをえっちらおっちら集めてきて、上手く組み合わせないと、パパのパソコンでLinuxは動きません。

めっちゃ、大変そうですね。

そこで、優しい人が、あれやこれやのソフトウェアを集めてきて、カーネルであるLinuxと一緒に配ってくれました。
「これで必要なものは全部だから、これを丸ごと入れれば、そのままLinuxなOSとして使えるよ~」という優しさです。

この「カーネルであるLinuxとあれやこれやのソフトウェアが一緒になったもの」、あるいはその配布形態が「Linuxディストリビューション」です。

カーネルであるLinux(狭義のLinux)を入れるだけでは、Linuxパソコンとして使えません。
Linuxディストリビューション(カーネルのLinux+諸々のソフトウェア)を入れることによって、はじめてLinuxパソコンとして使えるようになります。

ちなみに、カーネルであるLinuxが「狭義のLinux」であるのに対し、OSとしてのLinuxは「広義のLinux」と呼ばれていますよ。

Linuxディストリビューション6

広義のLinuxは、実際には「カーネルであるLinux+その他諸々のソフトウェア」です。
この「その他諸々のソフトウェア」部分の組み合わせが配布している人によって違うので、Linuxディストリビューションの種類は複数あるのです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Linuxディストリビューション」って単語が出てきたら「OSとしてのLinux、もしくはその配布形態のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク