[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

オーバーヘッド (overhead)

pointこの用語のポイント

point付加的な処理(負荷)だよ

pointコンピュータさんが何かやったときに発生するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

オーバーヘッド (overhead)とは

コンピュータさんが何かやったときに発生する、付加的な処理(負荷)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

コンピュータさんが何かやったときに発生する「あー、まぁ、それに関わることだから仕方ないんだけど、別にそれをやりたいわけじゃないんだよね」な処理が「オーバーヘッド」です。
目的となる処理に付随して発生する、付加的な処理だとお考えください。

例えば、ピヨ太君が焼き芋を食べようとしたとしましょう。

オーバーヘッド

焼き芋を食べるためには、皮をむかなくてはいけません。

オーバーヘッド2

ピヨ太君がやりたいことは「焼き芋を食べる」です。
ですが、焼き芋を食べようとすると「焼き芋の皮をむく」という作業が発生します。
ピヨ太君は焼き芋の皮をむきたいわけではありませんが、焼き芋を食べると必然的に焼き芋の皮をむくことになります。

この焼き芋の皮をむく行為がオーバーヘッドです。
主となる処理(焼き芋を食べる)に付随して発生する、付加的な処理(焼き芋の皮をむく)です。

さて、この焼き芋の皮をむく行為ですが、当然時間が掛かります。
ピヨ太君的には面倒くさいです。

これが「オーバーヘッド」の説明として「処理」や「負荷」や「時間」といった表現が使われる理由です。
いろいろな説明を読んで「結局、オーバヘッドって処理なの?負荷なの?」と悩むかもしれませんが、事象としては同じことを指しています。

余計な処理が発生(処理)
 ↓
時間が掛かる(処理時間)
 ↓
負担になる(負荷)


の流れです。

例えば「ファイルを読み込むときにかかる負荷を減らそうぜ~」の意図で「ファイル読み込み時のオーバーヘッドを減らす」と言ったとしましょう。
ファイルを読み込むときの負荷を減らすということは、ファイルを読み込むときにやっている目的(ファイル読み込み)とは直接関係無い処理を減らすということです。
処理を減らせば、当然、処理時間も短縮されます。

先程のピヨ太君の例で言えば、最初から皮がむいてある焼き芋を買ったようなものです。
最初から皮がむいてあれば、焼き芋の皮をむく処理は発生しません。
ということは、ピヨ太君自身が焼き芋の皮をむくのにかかる時間はゼロです。
ということは、ピヨ太君が「焼き芋の皮をむくの面倒くさいな~」と負担を感じることもありません。

この状態を指して「オーバーヘッドが減った」と言った場合、減ったのは処理でしょうか?負荷でしょうか?両方ですね。
オーバーヘッドが「処理」を指すのか、それによって発生する「負荷」を指すのかは言った人次第です。

より正確に表現したい人は「処理」を指して「オーバーヘッド」と言うみたいですけどね。
負荷の方は「オーバーヘッドによる負荷」です。

ただ、経験則的には「負荷」の意図で「オーバーヘッド」と言う人も多いように感じます。
「できれば無い方が嬉しいもの」「余計なもの」的なニュアンスがあるからでしょうか。
「オーバーヘッドを減らせ!」とは言われても「オーバーヘッドを増やせ!」とは、まず言われませんからね。
「処理」より「負荷」の方が、直感的に受け入れやすいのだと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「オーバーヘッド」って単語が出てきたら「付加的に発生した処理(負荷)のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク