[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

リカバリ (recovery)

pointこの用語のポイント

pointやっちまったな状態を立て直すことだよ

pointあるいは、パソコンを買ったときの状態へ戻すことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

リカバリ (recovery)とは

「やっちまった~!」な状態を何とかあれやこれやして「ドンマイ!」って言ってもらえる状態に立て直すこと。
あるいは

パソコンさんを、買ったときの状態に戻すこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「うわ、やべ!これってマズいんじゃね!」な大ピンチの状態から「あはは、大変だったねぇ(苦笑)」と言えるような状態に立て直すのが「リカバリ」です。
日本語に直すと回収、回復、復旧などですね。

「ミスをリカバリする」のような形で日常会話でも使われますが、ITの分野だと「ディザスタリカバリ」や「ベアメタルリカバリ」といった用語があります。

ちなみに、ディザスタリカバリは「災害対策」のことね。

リカバリ

ベアメタルリカバリは「ハードディスクが空っぽの状態から戻す復旧のやり方」です。
ハードディスクの中身を丸ごとバックアップしておいて、何かあったら、それを丸ごとよいしょっと戻すイメージです。

リカバリ2

これが一つ目の意味の「リカバリ」です。

二つ目の意味の「リカバリ」は、いわゆる「パソコンさんを買ったときの状態に戻す」作業のことです。
一つ目の意味「やっちまった状態を復旧する」に含まれるといえば含まれるのですが、もう少し具体的な作業を指します。

おかしくなったパソコンさんの中身を全部消して、OS(パソコンさんの人格に相当するソフト)を入れ直して、買ったときの状態に戻す作業がリカバリです。

リカバリ3

パソコンさんのリカバリは、すべてを無かったことにして心機一転したいときに、よく行われます。
例えば、コンピュータウイルスに感染してどうしようも無くなったときや、なんかいろいろソフトを入れたら動きが変になったときですね。
致命的になんかおかしいけど原因が分からない、あるいは、なんかいろいろ変だからすべてを投げ捨てて最初の状態に戻したいときの最終手段です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「リカバリ」って単語が出てきたら「やっちまったな状態を立て直すこと、もしくは、パソコンを買ったときの状態へ戻すことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク