[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アパッチ (Apache)

pointこの用語のポイント

pointWebサーバのソフトだよ

point全世界的に普及しているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アパッチ (Apache)とは

全世界的に普及しているWebサーバのソフト
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として、ホームページが表示される流れと「Webサーバ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

あなたがホームページを見ようとすると、まず、ホームページを見るときに使うソフトWebブラウザ)からホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)に対して「このページをおくれ」なお願いが出されます。

Apache

そのお願いに対して、WebサーバさんからWebブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事がきます。

Apache2

お返事を受け取ったWebブラウザさんは、受け取った内容(ホームページのファイル)を画面上に表示してくれます。

Apache3

これが、ホームページが表示されるときの流れです。

さて、ここで、Webサーバさんに注目してください。
ホームページのファイルが置いてあって、Webブラウザさんのお願いに応えるやつです。

Apache4

実は、こいつは普通のコンピュータです。
Webサーバ専用の特別なコンピュータではありません。

Apache5

WebサーバをWebサーバたらしめているのは「Webサーバのソフト」なのです。
普通のコンピュータにWebサーバのソフトを入れることによって、Webサーバとしてのお仕事ができるコンピュータになります。

Apache6

大事なのは箱ではありません。中身です。
Webサーバのソフトさえ入れれば、あなたが普段使っているパソコンだってWebサーバになれます。

以上を踏まえて、Webサーバのソフト(のひとつ)が「Apache(アパッチ)」です。
Apacheは、世界的に一、二を争うくらい有名なWebサーバのソフトです。
コンピュータにApacheを入れると、そのコンピュータはWebサーバとしてのお仕事ができるコンピュータになります。

Apache7

「Apache」の読み方は「アパッチ」ですが、あまりカタカナでは表記しません。
文字で書く際は、アルファベットで「Apache」と書いてあげてください。
その方が専門家っぽく見えます。

ちなみに、Webサーバのソフトには他に「IIS」や「nginx」などがあります。
気が向いたら、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Apache」って単語が出てきたら「Webサーバのソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク