[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スレッドセーフ (thread safe)

pointこの用語のポイント

pointマルチスレッドにしても大丈夫だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スレッドセーフ (thread safe)とは

「マルチスレッドにしても大丈夫だよ~」のこと。
もう少し具体的に書くと

マルチスレッド環境で、複数のスレッドが同時に実行したり同じデータを扱ったりしてもぶっ壊れないよ~のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

マルチスレッドは「並行処理の発生するプログラム」ね。
例えば

1.ご飯を炊く
2.カレーを煮込む
3.お皿に盛る


の3つの処理を行うカレー作成プログラムがあったとして「ご飯を炊く」「カレーを煮込む」を同時に行う作りになっているのがマルチスレッドです。

スレッドセーフ

このマルチスレッド環境において、それぞれの処理(スレッド)は独立して動きます。
ただし、それぞれが影響し合わないとは限りません。

例えば、ご飯は土鍋で炊くとします。そうすると、コンロを使います。
このとき、コンロは一口しかありませんでした。

そうすると、カレーを煮込むコンロがありませんよね?
おーまいがっ、です。

このように、マルチスレッド環境では、他のスレッドの影響で、なんかおかしくなる場合があります。
2つ以上のお仕事を同時に行うので、上手く足並みが揃わないと邪魔しあっちゃうのです。

それを前提として「そんなこと無いよ!そこら辺はちゃんと考えてあるから、並行処理しても問題無いよ!」が「スレッドセーフ」です。
「マルチスレッドでも大丈夫」を意味します。

例えば「この処理はスレッドセーフになっている(並行処理されることを考慮してるよ)」「スレッドセーフな実装にする(並行処理されても大丈夫なように作るよ)」といった使い方をしますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スレッドセーフ」って単語が出てきたら「マルチスレッドにしても大丈夫なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク