[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

NAP クライアントの構成

pointこの用語のポイント

pointWindowsの管理用に用意されている機能だよ

pointネットワークアクセス保護(NAP)機能の利用者側コンピュータとしての設定をするための機能だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

NAP クライアントの構成とは

Windowsの管理用に用意されている機能のひとつ
であり

ネットワークアクセス保護(NAP)機能の利用者側コンピュータとしての設定をするための機能
です。

image piyo

詳しく書くよ

Windowsパソコンには、パソコンさんの中身を管理するための機能が、あれやこれやと用意されています。
この管理用の機能のひとつで「ネットワークアクセス保護(NAP)機能の利用者側コンピュータとしての設定をするための機能」が「NAP クライアントの構成」です。

NAP クライアントの構成

ちなみに、ネットワークアクセス保護(NAP)は「コンピュータがちゃんとしているかをチェックして、ネットワークへの接続を制御する機能」ね。
正常性を認められたコンピュータはネットワークに自由に接続できますが、認められていないコンピュータは、接続できなかったり、接続できても限定的にしか使えない状態にしてくれる機能です。

このNAP機能において、チェックされる側のコンピュータでは「俺はチェックされるコンピュータさ!」な設定がされている必要があります。
「NAP クライアントの構成」では、その設定を行うことができるのです。

Windowsさんの管理用の機能「NAP クライアントの構成」を起動する方法は、意外とたくさんあります。
Windows 7を例に取ると

%systemroot%\system32\NAPCLCFG.MSC

という名前のファイルをダブルクリックすると起動します。

あるいは、コマンドプロンプト(コンピュータに詳しい人が使う黒い画面)を起動して

NAPCLCFG



NAPCLCFG.MSC

と入力しても起動するはずです。

もしくは、スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」の欄に

NAPCLCFG.MSC

入力して、出てくる「NAPCLCFG.MSC」をクリックしても起動しますよ。

いろいろあるので、自分のお好みのやり方を選んでください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「NAP クライアントの構成」って単語が出てきたら「NAP機能の利用者側コンピュータとしての設定をするための機能なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク