[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

WOW64

pointこの用語のポイント

point64bitなWindowsで32bit用のプログラムを動かすための仕組みだよ

point64bitなWindowsの「C:\Windows\SysWOW64」フォルダに32bitなWindowsの「System32」フォルダの中身が入っているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

WOW64とは

64bitなWindowsさんで32bit用のプログラムを動かすための仕組み
です。

image piyo

詳しく書くよ

パソコンさんは技術の進歩と共にパワーアップしてきました。
昔は16bitだったのが、32bitになり、64bitになったのです。
将来的には128bitになるでしょう。

何が16bitで32bitで64bitなのかは、取りあえず気にしないでください。
とにかく、技術の進歩と共に数字も大きくなり、なんかパワーアップしたのです。

パソコンさんのパワーアップに合わせて、プログラムやプログラムで使う部品も進歩してきました。
昔は16bitのパソコンさんで動かすための部品だったのが、32bitのパソコンさんで動かすための部品になり、64bitのパソコンさんで動かすための部品になりました。

例えばWindowsには、16bitのWindowsで動かすための部品「Win16 API」、32bitのWindowsで動かすための部品「Win32 API」、64bitのWindowsで動かすための部品「Win64 API」があります。

それを踏まえて、64bitのWindowsさんで32bit用のプログラムを動かすための仕組みが「WOW64」です。
ちょっと小難しい言い回しをすると「互換性を保つための処置」ですね。
昔のWindowsパソコンさんで使っていたソフトを新しいパソコンさんでも使えるようにするためにあります。

WOW64

一例を挙げると、64bitのWindowsパソコンさんには

C:\Windows\System32

というフォルダと

C:\Windows\SysWOW64

というフォルダがあります。
パッと見た感じ、中身はほとんど同じです。

実は「SysWOW64」フォルダの中には、32bitなWindowsさんの「System32」フォルダの中身が入っているのです。

ちょっとややこしいですかね。

少し違いますが「System32」フォルダの中には64bitな部品が入っていて「SysWOW64」には同じ部品の32bit版が入っていると考えても構いません。

64bitなプログラムさんが「System32」フォルダの中にあるプログラムの部品を使おうとすると、普通に「System32」フォルダの中にある部品を使えます。
32bitなプログラムさんが「System32」フォルダの中にあるプログラムの部品を使おうとすると、自動的に「SysWOW64」フォルダの中にある部品が使われるのです。
64bitなプログラムは64bit用の部品、32bitなプログラムは32bit用の部品を使うように、自動的に振り分けてくれます。

このように、64bitのWindowsパソコンで32bit用のプログラムを動かせるようにあーだこーだしてくれるのがWOW64です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「WOW64」って単語が出てきたら「64bitなWindowsパソコンで32bit用のプログラムを動かすための仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク