[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Web API

pointこの用語のポイント

pointその機能を外部から使うために用意された窓口(に関する説明書)だよ

pointインターネット経由で使えるようになっているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Web APIとは

Webベースで提供されているAPIのこと。
もう少し噛み砕いて書くと

インターネットの線を経由してやり取りする、その機能との窓口部分(に関する決まり事)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

APIは「プログラムや機能に対するお仕事依頼用の窓口(を使うための説明書)」ね。
全然無関係なプログラムとかからその機能を利用できるように用意された、窓口です。

この窓口のうち、Webベース、つまりインターネットの線を経由してやり取りできるようになっている窓口が「Web API」です。

Web API

Web APIはその性質上、不特定多数の人(プログラム)に使われることを前提にしているものが多いです。
単に遠隔地から使いたい場合のこともありますけどね。
いずれにせよ、Webのメリットがその他のAPIに対するWeb APIのメリットでもあります。

また、Web APIと似たような言葉に「Webサービス」があります。
Webサービスは「インターネットを使って提供されているサービス」です。

Web APIとWebサービスは、ほぼ同じ物として説明されていることも多いです。
ただ、個人的には、若干ニュアンスが違うと考えています。

WebサービスはWeb上で提供されているサービス全般を指す言葉です。
一方、Web APIはWebサービスを何らかのプログラムから利用するための窓口です。

つまり、Webサービスが「提供されるもの」であるのに対し、Web APIは「提供されるものを使うための窓口」と解釈しています。

例えば、あなたが今見ているわわわIT用語辞典はWebサービスですが、Web APIは用意していません。
無理やり利用すれば、Web APIとしても使えますけどね。
本来の使い方としては、わわわIT用語辞典はWebサービスであり、Web APIではないですよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Web API」って単語が出てきたら「インターネットの線を経由して使う、プログラムや機能に対するお仕事依頼用の窓口(を使うための説明書)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク