[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

iOS

pointこの用語のポイント

pointAppleさんが開発した、iPhoneとかiPadのOSだよ

pointもしくは、シスコシステムズ社が開発したルータとかスイッチ向けのOSだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

iOSとは

Appleさんが開発した、iPhoneとかiPadのOS。
もしくは

シスコシステムズ社が開発した、ルータとかスイッチ向けのOS
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「OS」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

OSは「これが無いとパソコンじゃねーよ」なパソコンさんの基本ソフトです。
パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。
ちなみに「OS」という用語が世間に広まったきっかけがパソコンなので「パソコン」と書きましたが、スマホやその他のコンピュータ類でも同じです。

iOS【Apple】

OSはパソコンさんの人格に相当するソフトです。
パソコンさんの中にWindowsを入れれば「はーい、ボクはWindowsだよー」な人格になりますし、Linuxを入れれば「ヘーイ、ミーはLinuxさー」な人格になります。

iOS【Apple】2

以上を踏まえて、Appleさんが独自に開発したOSで、iPhoneとかiPadとかに使われているOSが「iOS(アイオーエス)」です。

あるいは、シスコシステムズ社(通称:Cisco)って会社さんが開発したルータスイッチ向けのOSが「iOS」です。

同じ名前のOSが2つあります。
ご注意ください。
当たり前ですが、中身は違います。

歴史的にはシスコシステムズ社のiOSの方が先です。
ただし、知名度というか、一般的に見かける「iOS」は、AppleさんのiOSを指している場合が多いと思います。
ネットワーク関係で登場したらCiscoのiOS、携帯端末系で登場したらAppleのiOS、の判断ですかね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「iOS」って単語が出てきたら「Appleが作ったiPhoneとかのOS、もしくは、Ciscoが作ったネットワーク機器用のOSなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク