[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ディレクトリサービス (directory service)

pointこの用語のポイント

point「俺がいろんな情報をまとめて管理しているから、なにかあったら俺に聞いてこい」型サービスだよ

pointもしくは、カテゴリ別に分類して掲載しているホームページリンク集だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ディレクトリサービス (directory service)とは

ネットワークの世界における「俺がいろんな情報をまとめて管理しているから、なにか困ったことがあったら俺に聞いてこい」型サービスのこと。
もしくは

カテゴリ別に分類して掲載していますよホームページリンク集のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

元締めコンピュータがいます。

ディレクトリサービス

元締めコンピュータはあれやこれやの情報を統括して管理しています。

ディレクトリサービス2

普通のパソコンさんたちは、何か知りたいことがあると、元締めコンピュータに尋ねます。
例えば「プリンタはどこにあるの?」とかですね。

ディレクトリサービス3

問い合わせに対して、元締めコンピュータは、自分の把握している情報を答えてあげます。
例えば「プリンタはあっちだよ」とかですね。

ディレクトリサービス4

このような構造になっているサービス形態が「ディレクトリサービス」です。
情報をまとめて管理している奴がいて、そいつに尋ねることで、必要な情報を得る形態のサービスです。
情報を一元管理することで、あれやこれやが楽になります。

ディレクトリサービスの例としては、Active DirectoryDNSがよく挙げられます。
それぞれの詳細については、用語「Active Directory」「DNS」の解説をご覧ください。

というのが、ネットワークにおける「ディレクトリサービス」の説明です。

実はこれ以外に、SEOの分野でも「ディレクトリサービス」という言葉が登場します。
SEOは「検索エンジンさんにゴマをする行為」ね。
GoogleさんとかYahoo!さんに「ねぇねぇ。うちのホームページをもっと推してよ」とアピールする行為です。

このSEOの分野で「ディレクトリサービス」という用語が登場した場合は「カテゴリ別に分類して掲載されているホームページのリンク集」を意味します。
電話帳のホームページ版だと考えても構いません。

2014年9月現在、残念ながら、ディレクトリサービスを利用したホームページは検索エンジンさんに嫌われる傾向にありましてね。
そのため、ディレクトリサービス自体はかなり下火になっています。

というのが、SEOの分野における「ディレクトリサービス」の説明です。

「ディレクトリ」自体に「住所録」的な意味合いがあるので、他の分野でも「ディレクトリサービス」はあるかもしれません。
極端な話、電話帳型のサービスはすべて、ディレクトリサービスと呼べると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ディレクトリサービス」って単語が出てきたら「『俺がいろんな情報をまとめて管理しているから、なにかあったら俺に聞いてこい』型サービス、もしくは、カテゴリ別ホームページリンク集のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク