[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ハミング符号 (hamming code)

pointこの用語のポイント

point送られたデータがおかしくなってないかチェックする仕組みだよ

pointリチャード・ハミングっておっさんが考えたよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ハミング符号 (hamming code)とは

リチャード・ハミングっておっさんが考えた、送られたデータがおかしくなってないかチェックするための仕組み
です。

image piyo

詳しく書くよ

データをやり取りする際には、送られたデータが途中でぶっ壊れるときがあります。
ところがどっこい、受け取った方は、壊れているのかいないのか判断できません。

それでは困るので、データが壊れていないかチェックして、あわよくば直してしまえるような仕組みがいろいろ考えられました。
それらの仕組みのうち、リチャード・ハミングっておっさんが考えたやり方が「ハミング符号」です。

物凄い大雑把に説明すると、データを送る方は、送るデータを元にして作ったチェック用の値をくっつけて送ります

ハミング符号

データを受け取った方は、送られてきたデータとチェック用の値を比較します。

ハミング符号2

比較した結果がいー感じであれば、データは壊れていないと判断します。

ハミング符号3

比較した結果がちょっと残念な感じであれば、チェック用の値を元にして、データを直します。

ハミング符号4

比較した結果がかなり残念な感じであれば、どうしようもできません。諦めます。

ハミング符号5

このときに付けられるチェック用の値は「誤り訂正符号」と呼ばれるのですが、この誤り訂正符号の作り方がハミングさん独自なのです。
ちょっと小難しい言い方をすると

誤り検出訂正のやり方のうち、ハミングさんの考えたやり方で誤り訂正符号を生成したもの

がハミング符号であると言えます。

チェック用の値を生成したり比較したりする具体的な仕組みについては、どう書いても単純にならなそうだったので、ここに書くのは断念します。ごめんなさい。
がっつり本格的な説明が欲しい方は、個別に聞いてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ハミング符号」って単語が出てきたら「データがおかしくなってないかチェックするための仕組み(の一つ)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク