[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Windows PowerShell Modules【管理ツール】

pointこの用語のポイント

pointWindowsの管理ツールの仲間だよ

pointWindows PowerShellを動かすためのメニューだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Windows PowerShell Modules【管理ツール】とは

Windowsの管理ツールのメニューに含まれている一つで、Windows PowerShellを動かすためのメニュー。
もう少し噛み砕いて書くと

進化した、コンピュータに詳しい人が使う黒い画面(を動かすためのメニュー)
です。

image piyo

詳しく書くよ

管理ツールは「コントロール パネルから起動する、Windowsパソコンに付いている管理用機能」ね。
Windowsパソコンを管理するための機能が、あれやこれやと用意されています。

Windows PowerShellは「進化してパワーアップしたコマンドプロンプト(コンピュータに詳しい人が使う黒い画面)」です。

みなさんは、パソコンに詳しい人が、黒い画面に向かって、ぺちぺちしている姿を見たことはありませんでしょうか。

Windows PowerShell Modules【管理ツール】

あの黒い画面は「コマンドプロンプト」という名前なのですが、それのパワーアップ版がWindows PowerShellです。

そして、このWindows PowerShell用の画面を起動するためのメニュー項目が管理ツールの「Windows PowerShell Modules」です。
Windows 7を例に取ると

コントロール パネル
  ↓
管理ツール


フォルダを移動して「Windows PowerShell Modules」と書いてあるショートカットダブルクリックすると起動します。
そうすると、私の環境では青い画面が表示されました。

Windows PowerShell Modules【管理ツール】2

ちなみに、この青い画面の元となるファイルは「powershell.exe」という名前のファイルです。
「powershell.exe」さえ動かせればWindows PowerShellは使えるので、コマンドプロンプト(コンピュータに詳しい人が使う黒い画面)を起動して

powershell



powershell.exe

と入力して動かすことも可能です。
黒い画面上でそのままWindows PowerShellを使えるようになります。

ただし、管理ツールから動かした場合は

powershell.exe -NoExit -ImportSystemModules

のように「-NoExit」と「-ImportSystemModules」の2つのオプションが付いた状態で起動されるのです。
ちょっとだけ便利なように調整された状態で画面が開きます。

一応オプションについても補足しておきましょうかね。
「-NoExit」は「処理が終わっても勝手に画面を閉じないでね」のオプションです。
「-ImportSystemModules」は「動き出すときに便利な部品を読み込んでね」のオプションです。
たいして大事ではないので、忘れて構いません。

管理ツール「Windows PowerShell Modules」は、Windows PowerShell用の画面を開くためのメニュー項目ということですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Windows PowerShell Modules」って単語が出てきたら「コンピュータに詳しい人が使う黒い画面の進化した姿なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク