[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Windows PowerShell

pointこの用語のポイント

point「コマンドプロンプト」のパワーアップ版だよ

pointコマンドを入力して、コンピュータに直接命令できるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Windows PowerShellとは

進化してパワーアップしたコマンドプロンプト(コンピュータに詳しい人が使う黒い画面)
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

コマンドプロンプトは「コンピュータに詳しい人がよく使う、Windowsにくっついている黒い画面」ね。

Windows PowerShell

この黒い画面に「コマンド」と呼ばれる命令文を打ち込むと、それに従ってパソコンさんがお仕事をしてくれます。
例えば

dir

というコマンドを打つと、そのフォルダの中に入っているファイルの一覧を表示してくれますよ。
他にも、いろいろな操作を、この黒い画面から行うことができます。

また、この黒い画面に打ち込む命令文をあれこれ書いたファイルは「バッチファイル」と呼ばれています。
ついでなんで、余裕があれば、覚えてあげてください。

Windows PowerShell2

さて、このコマンドプロンプトですが、書ける命令文が結構しょぼいのですね。
作られたのが大分昔なので、比較的単純な命令しかできないのです。

ですが、時代は進歩しています。

ある時、Microsoftさんは「もっといろいろできるコマンドプロンプトを作ろうぜ~」と考え、スーパーパワーアップしたコマンドプロンプトを作りました。

それが「Windows PowerShell」です。

中身は恐らく別物ですけどね。
「画面上でコマンドを入力すると、それに従ってパソコンさんがお仕事をしてくれる」という点が共通しています。

将来的には、現在コマンドプロンプトを使ってやっているお仕事がWindows PowerShellを使ってやるようになるでしょう(と、私は考えていますが、もしならなかったらごめんなさい)。
「Windows PowerShellはコマンドプロンプトの後継者である」と言っても、そこまでおかしくは無いはずです。

ちなみにWindows PowerShellの起動方法ですが、いろいろあります。
一番分かりやすいのは、Windows 7を例に取ると

コントロールパネル
  ↓
管理ツール


とフォルダを移動して「Windows PowerShell Modules」と書いてあるショートカットダブルクリックするやり方だと思います。

起動すると、私の環境では青っぽい画面が開きました。

Windows PowerShell3

この画面でコマンドをべちべち入力すると、パソコンさんがお仕事をしてくれます。
また、Windows PowerShell用のコマンドを書いたファイルを用意して、実行することも可能です。

画面からコマンドをべちべち入力する、コマンドを書いたファイルを用意して実行する、コマンドプロンプトやバッチファイルと同じですよね?

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Windows PowerShell」って単語が出てきたら「進化したコマンドプロンプト(コンピュータに詳しい人が使う黒い画面)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク