[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

services.exe

pointこの用語のポイント

point実行ファイルだよ

pointWindowsのサービスを起動するよ

pointコンピュータウィルスが成りすましている場合もあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

services.exeとは

Windowsのサービスを起動するのが役目の実行ファイル。
もしくは

コンピュータウィルスが成りすました奴
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

実行ファイルは「プログラムファイル」ね。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

services.exe

サービスは「Windows常駐プログラム」です。
常駐プログラムは「いつでもお仕事できるようにスタンバってたり、(人の見えないとこで)常にお仕事しているプログラム」です。

いくつかのサービスはパソコンさんが起動したときからお仕事をしています。
でも、自力で動き出すわけではありません。
誰かに起こしてもらって、お仕事を始めます。

このサービスたちを叩き起こしている奴が「services.exe」です。
パソコンさんが起動したときに「自動で動き出してお仕事するよ~」な設定になっているサービスたちを「ほらほら、パソコンさんが動き出したよ。おまえらもお仕事を始めなさいな」と起こしていきます。

services.exe2

もしかしたら他にもお仕事をしているかもしれませんが、情報を見つけられませんでした。
ごめんなさい。
取りあえず、サービスの開始・終了を管理している奴みたいです。

「services.exe」はWindowsさんの正規なファイルです。
ただし、コンピュータウイルスさんに大人気なファイルでもあります。
「services.exe」に成りすますコンピュータウィルスさんがいるのです。

そのため「『services.exe』って何よ?」をインターネットで調べると「Windowsの正規のファイルだから必要だよ」という意見と「コンピュータウイルスだからヤバいよ」という意見を両方見かけるはずです。
「どっちが正しいのよ?」と思うかもしれませんが、両方とも正しいですよ。
正規のファイルでもあるけど、コンピュータウィルスが成りすましている場合も結構あるのです。

Windows 7を例に取ると正規の「services.exe」は以下の場所にあります。

%systemroot%\system32\services.exe

それ以外の場所、例えば

%systemroot%\services.exe

等にある場合は、ご注意ください。
念の為、ウィルススキャンをしてあげた方が良いと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「services.exe」って単語が出てきたら「Windowsのサービスを起動する奴、もしくは、コンピュータウィルスが成りすました奴なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク