[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

iSCSI イニシエーター【管理ツール】

pointこの用語のポイント

pointWindowsの管理ツールだよ

pointiSCSI イニシエーター(iSCSI接続された機器に命令するための部品)を管理するための機能だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

iSCSI イニシエーター【管理ツール】とは

Windowsの管理ツールのひとつで、iSCSI イニシエーター(iSCSI接続された機器に命令するための部品)を管理するための機能
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

iSCSIは「ネットワーク上にある機器とSCSI接続してるっぽい気分でやり取りするための規格」ね。
SCSIは「コンピュータと周辺機器を接続するための規格(のひとつ)」です。
SCSIのネットワーク版がiSCSIだとお考えください。

iSCSI イニシエーター【管理ツール】<br>

iSCSIを使って周辺機器と合体すると、本当はネットワーク越しに別の場所にある周辺機器が、あたかもパソコンさんに直接つながっているかのように扱えます。

iSCSI イニシエーター【管理ツール】2

さて、このiSCSIのお約束事に従って、ネットワーク越しに周辺機器とつながったとしましょう。
つながっただけでは、何の意味もありませんよね?
例えば「ファイルをくれよ」とか「このファイル置いておいてよ」とか、命令しなくてはいけません。

iSCSI イニシエーター【管理ツール】3

この命令をするための部品が、一般的な意味での「iSCSI イニシエーター」です。
iSCSI イニシエーターさんは、接続された周辺機器に対して、あーだこーだと指示を出します。

それを踏まえて、管理ツールの「iSCSI イニシエーター」は、Windowsパソコンさんにくっついている一般的な意味でのiSCSI イニシエーターを管理するための機能です。
早口言葉みたいですが、

Windowsの管理ツール「iSCSI イニシエーター」はiSCSI イニシエーターを管理するためのツールである

と言えます。

iSCSI イニシエーター【管理ツール】4

管理ツール「iSCSI イニシエーター」を起動する方法は、意外とたくさんあります。
Windows 7を例に取ると

コントロール パネル
  ↓
管理ツール


フォルダを移動して「iSCSI イニシエーター」か「iSCSI Initiator」と書いてあるショートカットダブルクリックすれば起動します。
これが一般的な起動の仕方でしょう。

他にも

%systemroot%\system32\iscsicpl.exe

という名前のファイルをダブルクリックしても起動します。

あるいは、コマンドプロンプト(コンピュータに詳しい人が使う黒い画面)を起動して

iscsicpl



iscsicpl.exe

と入力しても起動するはずです。

もしくは、スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」の欄に

iscsicpl



iscsicpl.exe

入力して、出てくる「iscsicpl.exe」をクリックしても起動しますよ。

いろいろあるので、自分のお好みのやり方を選んでください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「iSCSI イニシエーター」って単語が出てきたら「WindowsパソコンにくっついているiSCSI イニシエーターを管理するための機能なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク