[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コンポーネント サービス【管理ツール】 (Component Services)

pointこの用語のポイント

pointWindowsの管理ツールだよ

pointコンポーネントを管理する機能だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コンポーネント サービス【管理ツール】 (Component Services)とは

Windowsの管理ツールの一つで、「コンポーネント」と呼ばれているプログラムの部品を管理するための機能
です。

image piyo

詳しく書くよ

コンポーネントは「何かの部品」ね。
結構アバウトな使われ方をする用語ですが、ここでは「Windowsで使えるプログラムの部品」程度にお考えください。
「COM+」とか「DCOM」とか聞いて「あー、あれのことね」と分かる人は、それのことです。
分からない人は、おそらく、このページを読む必要はありません。
その状態で「コンポーネント サービス」機能を使うことはないでしょう。

管理ツールは「コントロール パネルから起動する、Windowsパソコンに付いている管理用機能」です。
Windowsパソコンを管理するための機能が、あれやこれやと用意されています。

この管理ツールの中の一つで「COM+やDCOM等のプログラムの部品を管理するための機能」が「コンポーネント サービス」です。

コンポーネント サービス【管理ツール】

正直に言うと、私もこの画面を使ったことはありません。
きっとWindows系のプログラムをあれこれ開発している人は使うのでしょうね。

管理ツール「コンポーネント サービス」を起動する方法は、意外とたくさんあります。
Windows 7を例に取ると

コントロール パネル
  ↓
管理ツール


フォルダを移動して「コンポーネント サービス」か「Component Services」と書いてあるショートカットダブルクリックすれば起動します。
これが一般的な起動の仕方でしょう。

他にも

%systemroot%\system32\comexp.msc

という名前のファイルをダブルクリックしても起動します。

あるいは、コマンドプロンプト(コンピュータに詳しい人が使う黒い画面)を起動して

comexp



comexp.msc

と入力しても起動するはずです。

もしくは、スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」の欄に

comexp.msc

入力して、出てくる「comexp.msc」をクリックしても起動しますよ。

いろいろあるので、自分のお好みのやり方を選んでください。

使い方の説明は、私もよく分からないので割愛します。
興味がある方は、専門的に解説しているところで情報を補完してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コンポーネント サービス」って単語が出てきたら「Windowsで使えるプログラムの部品を管理する機能なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク