[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DSN【DB】

pointこの用語のポイント

point識別用の名前だよ

pointデータベースの接続情報に付くよ

pointODBC関連でよく出てくるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DSN【DB】とは

データベースの接続情報に付けられる、識別用の名前のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

データベースは「データを入れておく箱」ね。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

DSN【DB】

それを踏まえて、データベースや、その接続情報に対して付けられる識別用の名前が「DSN」です。
Data Source Name(データ・ソース・ネーム)」の頭文字を取って「DSN」です。

「DSN」という用語が一番出てくるのはODBC関連だと思うので、ODBCを例に説明します。
ちなみに、ODBCは「Microsoftが作ったデータベースとの通訳」ね。

DSN【DB】2

ODBC接続の一般的な流れは

1.どの種類のどのデータベースに接続するかを指定する
2.「1.」に名前を付けておく
3.プログラムからは「2.」で決めた名前を指定する形で、接続先のデータベースを指定する


です。
「1.」「2.」が事前作業で「3.」が実際にプログラムに書く内容です。

例えば

SQLServerの「test_db」という名前のデータベースに接続する

という指定に対して

設定ぴよ

という名前を付けたとしましょう。

プログラムから「test_db」に接続したいときには

「設定ぴよ」に接続するぞ~

と指定します。
そうすると

え~っと、確か「設定ぴよ」は、SQLServerの「test_db」だったな

と判断されて、結果として「test_db」に接続されるのです。

これがODBC接続の一般的な流れになります。

このときの「設定ぴよ」がDSNです。
「SQLServerの『test_db』」というデータベース接続用の情報に付けられた、識別用の名前ね。

前後に何もつけないで、単に「DSN」と言った場合は、ODBC関連で登場する識別用の名前を意味することが多いです。
とはいえ、名称自体の意味するところは「データソースの名前」ですからね。
ODBC以外で使って駄目な理屈はありません。
例えば、プログラミング言語PHPなどでも、たまに「DSN」という表現が登場しますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DSN」って単語が出てきたら「データベースの接続情報に付ける識別用の名前なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク