[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

odbcad32.exe

pointこの用語のポイント

pointWindowsの管理ツール「ODBC データ ソース アドミニストレーター」の実行ファイルだよ

point普通は「%systemroot%\system32\odbcad32.exe」にあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

odbcad32.exeとは

Windowsの管理ツール「ODBC データ ソース アドミニストレーター」の実行ファイル
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

管理ツールは「コントロール パネルから起動する、Windowsパソコンに付いている管理用機能」ね。

ODBC データ ソース アドミニストレーターは「ODBCデータベースの通訳)に関する設定を行う機能」です。
データベースは種類によって個性があるのですが、ODBCを経由することである程度同じように扱えるようになります。

odbcad32.exe

実行ファイルは「プログラムファイル」です。
べちべちっ!とダブルクリックすると、お仕事を始めます。
(Windowsの場合)拡張子は「.exe」であることが多いです。

odbcad32.exe2

それを踏まえて、Windowsの管理ツール「ODBC データ ソース アドミニストレーター」の実行ファイルが「odbcad32.exe」です。

Windows 7を例に取ると「odbcad32.exe」は以下の場所にあります。

%systemroot%\system32\odbcad32.exe

あるいは、スタートメニューにある「プログラムとファイルの検索」のところで「odbcad32.exe」もしくは「odbcad32」と入力しても見つかります。

こいつを「べちべちっ!」とダブルクリックすると、ODBC データ ソース アドミニストレーターの画面が表示されますよ。

とはいえ、普通にパソコンさんを使っていて「odbcad32.exe」を直接目にする機会は、あまり多くありません。
ODBC データ ソース アドミニストレーターを起動する際には、Windows 7を例に取ると

コントロール パネル
  ↓
管理ツール


フォルダを移動して「データ ソース (ODBC)」か「Data Sources (ODBC)」と書いてあるショートカットダブルクリックするのが一般的です。

もし変なところで「odbcad32.exe」を見かけたらご注意ください。

%systemroot%\system32\odbcad32.exe

以外の場所にある場合はウイルスかもしれません。
念の為、ウィルススキャンをしてあげてくださいね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「odbcad32.exe」って単語が出てきたら「管理ツール『ODBC データ ソース アドミニストレーター』の実行ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク