[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ODBC データ ソース アドミニストレーター【管理ツール】

pointこの用語のポイント

pointWindowsの管理ツールだよ

pointODBCに関する設定を行う機能だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ODBC データ ソース アドミニストレーター【管理ツール】とは

Windowsの管理ツールの一つで、ODBC(データベースの通訳)に関する設定を行う機能
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「ODBC」と「管理ツール」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ODBCは「Microsoftさんが作った、データベースとやり取りするための通訳」です。
このODBCを経由することで、いろんな種類のデータベースを同じように扱うことができます。

ODBC データ ソース アドミニストレーター【管理ツール】

管理ツールは「コントロール パネルから起動する、Windowsパソコンに付いている管理用機能」です。
Windowsパソコンを管理するための機能が、あれやこれやと用意されています。

以上を踏まえて、管理ツールの中の1つで「ODBCに関する設定をするための機能」が「ODBC データ ソース アドミニストレーター」です。
メニューの表記上は「データ ソース (ODBC)」になっていますけどね。長いから省略されちゃったのでしょう。

ODBC データ ソース アドミニストレーター【管理ツール】2

ODBC接続を行う際には

1.どの種類の
2.どのデータベースに


接続するかの情報が必要です。
例えば

SQLServerの「test_db」という名前のデータベースに接続する

のような情報ですね。

この情報はあらかじめ用意しておき、識別用の名前(DSN)を付けておきます。
仮に、上記の設定に対して「設定ぴよ」という名前を付けたとしましょう。

プログラムからは「test_db」ではなく「設定ぴよ」という名前を指定する形で、接続するデータベースを指定します。

これがODBC接続を行う際の流れですが、この「設定ぴよ」を作るための画面が、ODBC データ ソース アドミニストレーターです。
もちろん、作るだけでは無くて、変更したり削除したりもできます。

管理ツール「ODBC データ ソース アドミニストレーター」を起動する方法は、意外とたくさんあります。
Windows 7を例に取ると

コントロール パネル
  ↓
管理ツール


フォルダを移動して「データ ソース (ODBC)」か「Data Sources (ODBC)」と書いてあるショートカットダブルクリックすれば起動します。
これが一般的な起動の仕方でしょう。

他にも

%systemroot%\system32\odbcad32.exe

という名前のファイルをダブルクリックしても起動します。

あるいは、コマンドプロンプト(コンピュータに詳しい人が使う黒い画面)を起動して

odbcad32

と入力しても起動するはずです。

もしくは、スタートメニューの「プログラムとファイルの検索」の欄に

odbcad32



odbcad32.exe

入力して、出てくる「odbcad32.exe」をクリックしても起動しますよ。

いろいろあるので、自分のお好みのやり方を選んでください。

なお、ODBC データ ソース アドミニストレーター画面を開くと、

1.ユーザー DSN
2.システム DSN
3.ファイル DSN
4.ドライバー
5.トレース
6.接続プール
7.バージョン情報


の7つのタブがあるはずです。

それぞれのタブの説明を簡単にしていきますね。

「ユーザー DSN」のタブで設定した情報は、今ログインしているユーザでのみ有効になります。
ログインしているユーザのみで使う設定はここに定義します。

「システム DSN」のタブで設定した情報は、すべてのユーザで有効になります。
全ユーザで共通して使う設定はここに定義します。

「ファイル DSN」は、接続情報を記載したファイルを、作ったり、変更したり、削除するためのタブです。
実際にデータベースに接続する際には、このタブで作成したファイルを指定することで接続できます。

「ドライバー」「トレース」「接続プール」「バージョン情報」については、一先ず気にしなくて結構です。
これらのタブを気にする必要がある段階まで来ている方は、もっと専門的に解説しているところで情報を補完してください。

そんなところでしょうか。

細かい設定方法についてはここでは触れません。
専門的に解説しているところで情報を補完するか、お問い合わせフォームから直接質問してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ODBC データ ソース アドミニストレーター」って単語が出てきたら「ODBCに関する設定を行う機能なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク