[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

iSCSI イニシエーター

pointこの用語のポイント

pointiSCSI接続された周辺機器に対して指示を出す奴だよ

pointWindowsの管理ツールにも同じ名前の機能があるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

iSCSI イニシエーターとは

iSCSIというお約束事に沿って接続された周辺機器に対して「あれしろ、これしろ」と命令するのがお仕事の機器
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識から行きましょう。

iSCSIは「ネットワーク上にある機器とSCSI接続してるっぽい気分でやり取りするための規格」ね。
SCSIは「コンピュータと周辺機器を接続するための規格(のひとつ)」です。
SCSIのネットワーク版がiSCSIだとお考えください。

iSCSI イニシエーター

iSCSIを使って周辺機器と合体すると、本当はネットワーク越しに別の場所にある周辺機器が、あたかもパソコンさんに直接つながっているかのように扱えます。

iSCSI イニシエーター2

さて、このiSCSIのお約束事に従って、ネットワーク越しに周辺機器とつながったとしましょう。
つながっただけでは、何の意味もありませんよね?
例えば「ファイルをくれよ」とか「このファイル置いておいてよ」とか、命令しなくてはいけません。

iSCSI イニシエーター3

この命令をするための部品が「iSCSI イニシエーター(アイスカジーイニシエーター)」です。
iSCSI イニシエーターさんは、接続された周辺機器に対して、あーだこーだと指示を出します。

これが、一般的な意味での「iSCSI イニシエーター」です。

実は、Windowsパソコンさんの管理ツールには、これと同じ名前の機能があります。
管理ツールの「iSCSI イニシエーター」については、用語「iSCSI イニシエーター【管理ツール】」の解説をご覧ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「iSCSI イニシエーター」って単語が出てきたら「iSCSI接続された周辺機器に対して指示を出す奴なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク