[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SCSI

pointこの用語のポイント

pointコンピュータと周辺機器を接続するための規格だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SCSIとは

昔のUSB。(適当)
真面目に書くと

コンピュータと周辺機器を接続するための規格(の一つ)
です。

image piyo

詳しく書くよ

コンピュータと周辺機器を合体させるための決まり事(の一つ)が「SCSI」です。
スカしてる奴なので「スカジー」と読みます。

SCSI

Small Computer System Interface」の頭文字を取って「SCSI」ですが、別に覚える必要はありません。
大事なのは「Interface」です。
インターフェイスは「何かと何かのくっついている部分」を意味します。
SCSIにおける「何かと何か」は「コンピュータと周辺機器」です。
つまり、コンピュータと周辺機器のくっついている部分(に関する決まり事)がSCSIなのです。

周辺機器はコンピュータさん用の装備品です。
コンピュータさんと合体することで本領発揮します。

では、どうやって合体するのか?

線でつなぎます。

しかし、線でつないだだけでは本当の意味で合体したとは言えません。
つないだ線を通して、あーだこーだとやり取りをしてはじめて、合体したと言えるでしょう。

その「あーだこーだとやり取り」するための決まり事です。
コンピュータさんと周辺機器さんの間で意思疎通するためのお約束事が定義されています。

ただ、最近はUSB接続の機器が増えたので、普通に生活している分には、SCSI接続の機器はあまり見かけないと思いますけどね。

なお、どーしても理解できない方は、USB接続の旧盤がSCSI接続だと思っても構いません。
言葉に出しちゃうと多方面から突っ込まれますが、頭で考える分には自由です。
かなりの勢いで誤解を招きそうな説明ですが、イメージは掴めると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SCSI」って単語が出てきたら「コンピュータと周辺機器を接続するための規格なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク