[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

垂直統合型システム

pointこの用語のポイント

point商売のやり方だよ

pointハードからソフトまで、必要なものを、すべてまとめて面倒見てくれるよ

point抱き合わせ商法みたいなものだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

垂直統合型システムとは

ハードとソフトの抱き合わせ商法型システムのこと。
もう少しやんわりと書くと

必要なものは全部こっちで見繕って準備してあげましたシステムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「そのシステムを動かすために必要なものは全部こっちで見繕ってあげたから、あなたは使うだけで良いよ」状態になっているシステムが「垂直統合型システム」です。
良く言えば至れり尽くせり、悪く言えば相手の言いなり型のシステムですね。

例えば、ピヨ太君がカレーを食べたいとしましょう。
玉ねぎやニンジンなどの材料とカレールーを買ってきて、えっちらおっちらと煮込みます。

そしてカレーが出来上がりました。

垂直統合型システム

このカレーが普通のシステムだとすれば、垂直統合型システムはレトルトカレーです。
レトルトカレーだと響きが悪いのであれば、カレー専門レストランからの出前カレーです。

垂直統合型システム2

必要なものは専門家の手によって用意されているので、わざわざ材料を選んだり、自分で調理する必要はありません。
なんて便利で楽なんでしょう。ステキー。

それと同じです。

システムというのは普通、サーバデータベースソフトなどを組み合わせて構築します。
それらを一個一個選んで組み合わせて行くのって、面倒くさいですよね?
互換性や相性の問題も出てくるかもしれません。

しかし、そんな時代は最早過去のことです!
お任せください!私共が全部一括で面倒見ます!

そんな勢いで持って、ハードからソフトまで全部こっちで見繕って準備してあげました~なシステムが垂直統合型システムです。

垂直統合型システムのメリットは、やはり楽なことでしょう。
提供者の考えの元に最適化されていますからね。わずらわしいことを考えないでただ使えば良いだけです。

一方のデメリットは、自由度だと思います。
悪く言えば、抱き合わせ商法ですからね。
選択の自由が奪われているのは間違いありません。
商売ですから、利害関係も絡んでくるのが普通です。
必ずしも使う人にとってベストの状態になっているとは限らないでしょう。

パッと思い浮かぶメリット・デメリットはそんなところでしょうかね。

実際のところ「垂直統合型システム」という言葉は若干、一人歩きしているきらいがあります。
使う人によって、微妙に意図するところが違ったりするのです。
ただ、垂直方向で統合、つまり「全部面倒見るよ~」なニュアンスは変わらないはずです。
思い切って「全部用意してやったよシステム」と読み替えてしまっても支障はないと思います。

ちなみに「垂直統合型システム」と似たような字面の用語で「垂直分散システム」という用語があります。
垂直分散システムは「スペシャリストにお任せしよう型分散システム」です。
分散システムは「複数台のコンピュータで作業分担してお仕事するシステム」ね。
「垂直統合型システム」と「垂直分散システム」が似ているのは字面だけです。意味合い的には大きく違うのでご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「垂直統合型システム」って単語が出てきたら「必要なものは全部こっちで見繕ってやったぜシステムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク