[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

水平分散システム

pointこの用語のポイント

pointシステムだよ

pointやるべきお仕事を複数のコンピュータで分担するよ

pointそれぞれのコンピュータの役割は、ほとんど同じだよ

point「垂直分散システム」と対比されるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

水平分散システムとは

みんなで同じ苦労を分かち合おう型分散システムのこと。
もう少し具体的に書くと

同じ役割のコンピュータ同士が手を組んだ分散システムのこと
であり

やるべきお仕事を複数のコンピュータで分担して行う形態になっているシステムのうち、それぞれのコンピュータの役割がほとんど同じシステムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

分散システムは「複数台のコンピュータで作業分担してお仕事するシステム」ね。
この分散システムのうち、作業内容がみんな同じ、つまり全部のコンピュータの役割が同じ形態のシステムが「水平分散システム」です。
それぞれのコンピュータに上下関係はありません。みんな平等です。

それではピヨ太君の会社を例に、水平分散システムについて見てましょう。

ピヨ太君の会社では、ピヨ太君お手製の稼働管理システムを使っています。
この稼働管理システムは

1.従業員に出社・退社時間を入力してもらうタイムカード機能
2.出社・退社時間から稼働時間を計算する稼働計算機能
3.稼働時間から給与を計算する給与計算機能


の3つで構成されています。

水平分散システム

さて、この稼働管理システムですが、社員の数が増えるに従って、限界が見えてきました。
処理しなくちゃいけない情報量が多くなりすぎて、コンピュータさんが涙目になり始めたのです。

水平分散システム2

そこでピヨ太君は新たに2台のコンピュータを買い、お仕事を分担させることにしました。
いわゆる「分散システム」な構成にすることにしたのです。

水平分散システム3

ピヨ太君は考えます。
どう分担しようかな?

そうだ!部署毎に分けよう!

偶然ですが、ピヨ太君の会社は営業部、技術部、管理部の3つの部署があります。

そこで、それぞれのコンピュータに同じ稼働管理システムを突っ込みました。
そして、営業部は営業部用のコンピュータ、技術部は技術部用のコンピュータ、管理部は管理部用のコンピュータを使わせることにしたのです。

水平分散システム4

これで、それぞれのコンピュータの負担は、1台でやっていたときの三分の一になりますよね。

このとき、それぞれのコンピュータさんに上下関係はありません。
扱う部署の違いはあれど、役割的には同じです。

このような構成のシステムを水平分散システムと言います。
みんなで同じ苦労を分かち合おう型分散システムです。

ところで、今回のピヨ太君は部署で分けて作業を分担しました。
他の分担方法もありますよね。

例えば、役割によって作業を分担することもできます。
1台目のコンピュータには全部署のタイムカード機能を、2台目のコンピュータには全部署の稼働時間計算機能を、3台目のコンピュータには全部署の給与計算機能を任せることも可能でしょう。

水平分散システム5

この形態の場合、コンピュータによってやるお仕事、役割が異なりますよね。
このような構成の分散システムは「垂直分散システム」と言います。
スペシャリストにお任せしよう型分散システムです。

個人的には「水平分散システム」も「垂直分散システム」も、俗語に近いニュアンスで捉えています。本当は明確な定義があるのかもしれませんけどね。
システムの構成図を眺めて、何となく水平展開型の構成になっている分散システムであれば「水平分散システム」、何となく垂直展開型の構成になっている分散システムであれば「垂直分散システム」と呼んで構わないと思っています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「水平分散システム」って単語が出てきたら「それぞれのコンピュータの役割が同じ分散システムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク