[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

自律分散システム

pointこの用語のポイント

pointシステムだよ

pointやるべきお仕事を複数のコンピュータで分担するよ

pointそれぞれのコンピュータは勝手に動くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

自律分散システムとは

みんな勝手にやれよ型みんなで苦労しようぜシステムのこと。
もう少し具体的に書くと

それぞれのコンピュータが勝手に動く、やるべきお仕事を複数のコンピュータで分担して行う形態になっているシステムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「自律」+「分散システム」で「自律分散システム」です。

自律分散システム

自律は「自分で考えて動け」ね。
分散システムは「複数台のコンピュータで作業分担してお仕事するシステム」です。

つまり「一人でやるの大変だからさ。皆で分担しようよ!あっ、でもおまえらの管理はしないから、個人個人がそれぞれで判断して行動してね」な構成のシステムが「自律分散システム」です。
それぞれのコンピュータが自治体的に活動している分散システムですね。

ある日ピヨ太君は、縁日で焼きそば屋台を出すことになりました。
屋台の名前は「ぴよぴよデリシャススーパーやきそばー'S屋台」です。ピヨ太君、ネーミングセンスねーな。

自律分散システム2

でも、一人で屋台を切り盛りするのは大変そうです。
そこで、皆に手伝ってもらうことにしました。

自律分散システム3

ここでピヨ太君は考えました。
実はみんな、独立独歩の精神の持ち主で、足並みを揃えるのは得意ではありません。

う~ん、どうしたものか。

……そうだ!

ピヨ太君は一計を案じました。
みんなに

みんな、好きにお客さまを集めて、自分で適当に焼きそばを作って売って、いー感じにお金を集金してよ。あっ、そうそう。一人でやるのが大変だったら、適当に話し合って協力し合っても良いからね。

と伝えたのです。

これで足並みを揃える必要はなくなりました。
「焼きそばを売る」という目的に向けて、各人がそれぞれ勝手に努力することになったのです。

ピヨ太君はみんなの働きっぷりを監視する必要も無くなったので、心置きなくお昼寝することができました。

自律分散システム4

めでたしめでたし。

このお話におけるピヨ太君、ピヨ子さん、アクマ君、ピヨ子ママがコンピュータ、ぴよぴよデリシャススーパーやきそばー'S屋台が自律分散システムです。
みんなで一丸となって(?)焼きそばの屋台という役割を担っていますので、分散システムであると言えるでしょう。
しかし、各人は自律して好き勝手に動いています。
このような構成のシステムが自律分散システムです。

皆さんの一番身近にある自律分散システムはインターネットでしょう。
インターネットは、それぞれの組織の管理するネットワーク同士が合体することで、一つのインターネットの世界を形作っています。
それぞれの組織の管理するネットワークは独立したネットワークです。いわば自律したネットワークですね。それらの自律したネットワークが合体して、インターネットの世界は出来あがっています。

自律分散システム5

志は一つに!各自、自己責任の元にミッション達成を目指すべし!プロフェッショナル集団っぽくて、ちょっとカッコ良いですね。

自律分散システムのメリットは、分散システムのメリットに加えて、管理の負担を分担できることでしょうか。
というか、全体を管理することを諦めた結果行き着いたのが、自律分散システムだと思います。
管理を諦めることによって、より大規模なシステムを構築できるのがメリットじゃないですかね。

一方のデメリットは、足並みを揃えるのが大変なところでしょう。
みんなが好き勝手に動いているので、足並みを揃える必要が出たときには、涙目になれると思います。

自律分散システムのメリット・デメリットを考える際には「地方分権」のメリット・デメリットを考えると分かりやすいと思います。
基本的には同じはずです。

なお、メリット・デメリットについては、私の考えです。
いろいろ調べたのですが、いまいちピンとくる情報がありませんでした。
もし変なことを書いていたらごめんなさい。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「自律分散システム」って単語が出てきたら「それぞれのコンピュータが勝手に動く、複数台のコンピュータで作業分担してお仕事するシステムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク