[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

分散システム

pointこの用語のポイント

pointシステムだよ

pointやるべきお仕事を複数のコンピュータで分担するよ

point「集中システム」の逆だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

分散システムとは

みんなで苦労しようぜシステムのこと。
もう少し具体的に書くと

やるべきお仕事を複数のコンピュータで分担して行う形態になっているシステムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「一人でやるの大変だからさ。皆で分担しようよ!」な構成のシステムが「分散システム」です。

ある日ピヨ太君は、縁日で焼きそば屋台を出すことになりました。
屋台の名前は「ぴよぴよデリシャススーパーやきそばー'S屋台」です。ピヨ太君、ネーミングセンスねーな。

分散システム

でも、一人で屋台を切り盛りするのは大変そうです。
そこで、皆に手伝ってもらうことにしました。

分散システム2

ピヨ子さんは客引き担当です。
お腹が空いてそうな人を見つけて屋台に呼び込むのが仕事です。

分散システム3

アクマ君は調理担当です。
ひたすら焼きそばを焼きます。

分散システム4

ピヨ太ママは接客担当です。
お客さまから注文を聞いたり、お金をもらったりします。

分散システム5

肝心のピヨ太君はお昼寝担当です。
邪魔にならないように隅っこの方で寝ています。

分散システム6

このお話におけるピヨ太君、ピヨ子さん、アクマ君、ピヨ子ママがコンピュータ、ぴよぴよデリシャススーパーやきそばー'S屋台が分散システムです。
みんなでお仕事を分担しながら、焼きそばの屋台という役割を担っています。

もう少し実際のコンピュータに近い例も見てみましょう。

ピヨ太君は「ピヨサーバ」と「ピヨクライアント」がネットワークを通して連携するシステム「ピヨピヨクラサバシステム」を作りました。
ピヨサーバは1台で、ピヨクライアントは複数台あります。

分散システム7

ピヨクライアントの役割は接客担当です。
主なお仕事は、人間様の相手をすることとピヨサーバとのやり取りです。
人間様から何かを命令されたピヨクライアントは、その内容をピヨサーバに伝えます。
、ピヨサーバからお返事が返ってきたら、それをあーだこーだして、結果を人間様へお伝えします。

ピヨサーバの役割は実務担当です。
ピヨクライアントからの依頼に従って実際のお仕事を行い、結果をピヨクライアントへ返します。

分散システム8

ピヨピヨクラサバシステムは、接客担当のピヨクライアントと実務担当のピヨサーバで役割分担をして、システムを動かしています。
このような、複数台のコンピュータでお仕事を分担しているシステムが、分散システムです。

余談ですが、ピヨピヨクラサバシステムの構成は「クライアントサーバシステム」の説明を書いたときに例として挙げたシステムを使いまわしています。
クライアントサーバシステムも分散システムの一種なので、併せて覚えてあげてください。

分散システムのメリットは、チームプレーのメリットと同じです。

1.みんなで分担できるので、一人一人の負担が小さい
2.仲間を増やせば、いろんなことができる
3.怪我をしても影響範囲が限定的


といったところでしょうか。

「1.みんなで分担できるので、一人一人の負担が小さい」は分かりやすいですよね。
やるお仕事量が同じなら、一人でやるより二人でやった方が、楽です。

「2.仲間を増やせば、いろんなことができる」は柔軟性のお話です。
例えば、一緒にお仕事をする人を増やせば、処理を速くできます。
同じお仕事ができる人を増やせば、壊れたときの代わりとして待機させることも可能でしょう。

「3.怪我をしても影響範囲が限定的」は、分業制のメリットです。
誰か一人が過労で倒れても、影響が出るのはその人が担当していたお仕事のみです。
他のお仕事をやっている人に、大きな影響はありません。
過労で倒れた人のみを取り換えれば、再びお仕事が回ります。
ブラック企業っぽい例えでごめんなさいね。

これが、パッと思いつく分散システムのメリットです。

一方のデメリットはどうでしょうか。
一言で言ってしまえば

・大人数でわちゃわちゃしているので管理が大変

が分散システムのデメリットです。

大人数でわちゃわちゃやっているのが分散システムです。
例えば、みんなに「おーい、このことは誰にも言うなよー」と口止めしても、誰か一人くらいはポロっと漏らしちゃうかもしれません。セキュリティ的に微妙ですね。

あるいは、みんなの体調管理も大変です。
お仕事をしているのが一人だけであれば、そいつをじーっと監視していればそれで済む話です。
働く人が増えれば増えるほど、監視対象が増えて管理する人が大変になります。

これが、パッと思いつく分散システムのデメリットです。

会社と同じですね。
みんなで協力してやるのがメリットでもありデメリットでもあるのです。

なお、分散システムの対義語は「集中システム」と言います。
余裕があれば、覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「分散システム」って単語が出てきたら「複数台のコンピュータで作業分担してお仕事するシステムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク