[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Microsoft 管理コンソール

pointこの用語のポイント

pointソフトだよ

pointWindowsの管理用ツールを作成・実行するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Microsoft 管理コンソールとは

Windowsの管理用ツールを動かすための部品。
もう少し具体的に書くと

Windowsの管理用ツールを作成したり実行するときに使う、土台となるソフト
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

コントロール パネルにある「管理ツール」をはじめとして、Windowsパソコンには、パソコンさんの中身を管理するための機能が、あれやこれやと用意されています。
例えば

iSCSI イニシエーター
Windows PowerShell Modules
Windows メモリ診断
イベント ビューアー
コンピューターの管理
コンポーネント サービス
サービス
システム構成
セキュリティが強化された Windows ファイアウォール
タスク スケジューラ
データ ソース (ODBC)
パフォーマンス モニター
ローカル セキュリティ ポリシー
印刷の管理


などですね。
例として挙げたのはコントロール パネルの「管理ツール」に含まれる機能ですが、他にもいろいろあります。

これらの管理用ツールは、2つの部品によって作られています。
それは

1.管理用ツールを動かすための部品
2.管理用ツールの中身に相当する部品


の2つです。
「1.管理用ツールを動かすための部品」は、コンピュータゲーム機におけるゲーム機本体だとお考えください。
「2.管理用ツールの中身に相当する部品」は、ゲームの内容が収められているゲームソフトです。

コンピュータゲーム機は、ゲーム機本体にゲームソフトを挿すことで遊べますよね。

Microsoft 管理コンソール

管理用ツールも同じで、管理用ツールを動かすための部品と管理用ツールの中身に相当する部品が合体することで、一つの管理用ツールとして動くことができるのです。
このときの「管理用ツールを動かすための部品」が「Microsoft 管理コンソール」です。
ついでに「管理用ツールの中身に相当する部品」は「MMC スナップイン」と言います。併せて覚えてあげてください。

Microsoft 管理コンソール2

Microsoft 管理コンソールは管理用ツールの土台となる部品です。
中身に相当する部品を読み込むことで、管理用ツールのそれぞれの機能として振る舞います。

例えば、管理用ツールには「イベント ビューアー」という機能があります。

これはMicrosoft 管理コンソールさんが「イベント ビューアー」用のMMC スナップインを読み込むことで「イベント ビューアー」機能として動いているのです。

Microsoft 管理コンソール3

横文字が多くてよく分からなければ、次世代型ゲーム機「Microsoft 管理コンソール」に「イベント ビューアー」という名前のゲームソフトを挿すと「イベント ビューアー」ゲームで遊べるとお考えください。

横文字が得意な人向けにもうちょっと突っ込んだ説明をすると、

%systemroot%\system32\mmc.exe

という名前のプログラム

%systemroot%\system32\eventvwr.msc

という名前の設定ファイルを読み込むことで、管理用ツール「イベント ビューアー」として機能します。
mmc.exe」がMicrosoft 管理コンソールの本体で「eventvwr.msc」が「イベント ビューアー」用のMMC スナップインです。

もう一例見てみましょう。

管理用ツールには「サービス」という機能もあります。

これはMicrosoft 管理コンソールさんが「サービス」用のMMC スナップインを読み込むことで「サービス」機能として動きます。

Microsoft 管理コンソール4

横文字が多くてよく分からなければ、先程同様、次世代型ゲーム機「Microsoft 管理コンソール」に「サービス」という名前のソフトを挿すと「サービス」ゲームで遊べるとお考えください。

横文字が得意な人向けにもうちょっと突っ込んだ説明をすると、

%systemroot%\system32\mmc.exe

という名前のプログラムが

%systemroot%\system32\services.msc

という名前の設定ファイルを読み込むことで、管理用ツール「サービス」として機能します。
「mmc.exe」がMicrosoft 管理コンソールの本体で「services.msc」が「サービス」用のMMC スナップインです。

Microsoft 管理コンソールは共通で、合体するMMC スナップインが変わることで、管理用ツールとしての機能が変わっていますよね。

如何でしょう?
もう一度まとめておきますね。

まずは難しい表現が苦手な人向けです。

Microsoft 管理コンソールはゲーム機本体です。
それに異なったゲームソフトを挿すことで、異なった機能の管理ツールとして遊べます。


次は難しい表現がある程度大丈夫な人向けです。

「イベント ビューアー」も「サービス」も、本体はMicrosoft 管理コンソールです。
この本体に異なったMMC スナップインを読み込ませることで「イベント ビューアー」や「サービス」、その他の管理用ツールとして機能しています。


なお、Microsoft 管理コンソールは単独で起動することで、新しい管理用ツールを作ったり、既にある管理用ツールの中身を変更したりすることもできます。
使う機会はほとんど無いと思いますが、余裕があれば覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Microsoft 管理コンソール」って単語が出てきたら「Windowsの管理用ツールを作成・実行するソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク